サウンドデザインとその評価

Register now

内容

現在、車内音をはじめとする騒音は低減させるだけではなく、音環境としての快適さやHV車の車外付加音が注目されるなど、サウンドデザインの需要が高まってきました。

本講座ではサウンドデザインに必要な音の官能評価と物理解析、さらに神経生理学的な手法(脳磁界解析)およびその適用例について紹介します。

詳細

  1. サウンドデザイン入門
  2. 聴覚と官能評価
  3. 音質評価指標 (ラウドネス、時変ラウドネス、シャープネス、ラフネス等)
  4. 周波数解析入門
  5. 音質評価指標とウェーブレット
  6. 官能評価と物理解析の関連調査
    自動車音、ボタン押し機械音、ゴルフショット音の評価
  7. 神経生理学的手法と物理解析、官能評価の関連
    自動車音の評価

前提とされる予備知識

「騒音計測入門」の内容

Course details
Start time
08 Dec 2017 10:00
Registration deadline
30 Nov 2017
Duration
1日
Type
Training course
Price
30,000円(税別)

PULSE保守ユーザ様は、¥20,000(税別)です。お申し込みの際、コメント欄にHost IDをご記入ください。
Instructor(s)
広島市立大学大学院 教授  石光 俊介
Language
Japanese