内容

実験モード解析は、振動モードによるモデル化を行う手法ですが、共振現象を中心とした振動問題を解決する診断手法として広く利用されています。
本講座では実験モード解析の意味と必要性を基礎から解説します。次に、モードに基づく数学モデルを実験から求める基本プロセスをデモを交えながら紹介します。

※実施2週間前に申込人数が4名以下の場合は実施いたしません。
その場合はお申込みいただいた方にご連絡させていただきます。

詳細

1.モード解析の考え方(信号/システム解析、稼働時振動形状、数学モデル)
2.実構造物とモーダルモデルの関係
3.実験方法(加振方法、力変換子、インパクト加振、窓関数の利用方法)
4.モーダル・パラメータの推定(カーブフィット)
5.モーダル・モデルの確認
6. 計測器を利用して解説(校正、インパクト加振等)

前提とされる予備知識

「振動計測入門」「周波数分析」の内容

Detalles del curso
Localización
Virtual Classroom
Fecha y hora de inicio
24 Nov 2021 10:00
Fecha límite para registrarse
10 Nov 2021
Duración
1日
Tipo
Virtual
Precio
30,000円(税別)

PULSE保守ユーザ様は、¥20,000(税別)です。お申し込みの際、コメント欄にHost IDをご記入ください。
Instructor
社内講師
Idioma
Japonés
Otras fechas