Urban noise planning, mapping and prediction

都市騒音計画とマッピング

都市騒音は生活の質に直接影響を及ぼすため、都市計画の立案者、自治体職員、政治家にとって大きな懸案事項です。

都市のサウンドスケープはそこに住む人の生活の質に大きな影響を与えます。交通騒音は私たちの健康に、肉体的、精神的影響を及ぼす可能性があります。そのため、都市騒音の管理とマッピングは、都市計画の立案者、自治体職員、政治家にとって大きな懸案事項となっています。また、交通規制、低騒音路面道路、防音壁などによる騒音レベルの低減は非常に高価なため、可能な限りそのような手段は割けるのが望ましいです。つまり、騒音対策計画を通して事前に騒音防止、低減を実施することが風力発電や新道路を含めた騒音源からの騒音公害を最低限に抑える最良の方法です。

都市騒音評価

商業施設や道路交通に起因する都市騒音の評価が都市騒音管理の実践的な第一歩です。次の段階は騒音マッピングで、個々の騒音源の活動から系統的なチャートを作成することが必要となります。多くの場合、異なる多くの騒音源が寄与しているため、個々の特定の騒音源の影響を評価することが必要です。これらは、様々な騒音メトリクスを作成するために計算エンジンに送られます。

周辺のビルや構造物による反射、マスキング、減衰を加味して、騒音の伝搬をモデル化する必要があります。これらはすべて地上の騒音レベルに大きな影響を与えています。これにはマッピングされたエリアに関する大量の情報が必要となるため、騒音キャプチャシステムが地理情報システム(GIS)やその他の管理システムと連携可能であることが重要です。

環境騒音評価は一般的に、例えば生産工場からの騒音のような一つの特定の騒音源の影響が評価されます。多くの場合、複数の様々な騒音源が測定位置の環境騒音の原因となっているため、この評価は簡単ではありません。

騒音の不快さの客観的な評価を可能にし、妥当な騒音の許容値を設定するため、長年にわたり音響技術者たちはこの影響を定量化しようと試みてきました 。人数が増えるほどその反応は平均の上下に分散する傾向があり、一般的な人口との関連で騒音の不快感を定量化する数値として評価騒音レベル(Lr)が開発されました。

ISO 1996-2で定義されている騒音評価レベルは潜在的な騒音の不快感の要因を評価する単一の値です。これは時刻、騒音の性質(インパルス的か、準音成分が含まれるか)およびオーバーオール騒音レベルを考慮します。計測レベルを、通常は調査対象の施設用途によって決まる騒音限界と比較します。多くの国では工業騒音を評価する場合、評価騒音レベルを使用しています。

システム提案

Environmental noise assessment system overview

BZ-5503 Measurement Partner Suiteはブリュエル・ケアーの2250型、2250Light、2270型 サウンドレベルメータで測定したデータを分析する汎用的なツールで、選択した国家規格に準拠した評価騒音レベルを計算するために完全なソリューションを提供します。 

こちらのフォームを埋めてください。ブリュエル・ケアーから回答をご連絡いたします。すでにお使いの機器に関するご質問の場合は、サポートリクエストフォームからお問合せください。

I would like to
My name is
I am from
My Company is
My phone no. is
My email is