職場の騒音と人体振動

機械の騒音レベルや装置の振動レベルを明確にすることにより、従業員に対し適切な保護を保証できます。

高い騒音を発する機械の近くで日々を過ごす従業員や、人体に振動を送るような機器を使用している労働者は、経営者が傷害防止対策を取らなければ、深刻な健康被害に直面する可能性があります。危険な音や振動を発する環境を時折訪問客が訪れる場合も、効率的な保護と防止は健康を守る上で重要です。

職場にある危険

職場の健康と安全の保証は、危険の理解から始まります。機械の騒音放射と装置の振動レベルを明確にすることにより、保護の必要性と、騒音振動の暴露限界を超えるまでの最長時間を計算することができます。機器の放射量を測定する一方で、職場の室内音響、つまり音が機器からどのように伝わり、反響するか、も複数の場所での総合的な暴露を考える際には重要な要素となります。

個人の暴露の制限

騒音振動の状態は一般的に、勤務している1日中でも変化します。労働者は音が変動する場所を移動し、限られた時間だけ騒がしく振動する装置を使用します。このように職場環境は異なるため、安全な騒音レベルと適切な保護の判断には困難が付きまといます。聴覚傷害、関節や筋肉の損傷、白ろう病などの職業病を防止する上で、暴露の総量が重要となります。

Protecting employees from noise and vibration exposure

騒音性難聴は、最も一般的な職業上の健康問題の一つです。数多くの労働者が毎日、毎年、高い騒音レベルにさらされているリスクがあります。有害な騒音レベルが常に痛みを伴うとは限らないため、多くの場合、従業員からの即座の反応や不満が起こりません。しかし、ひとたび健康被害が起きてしまうと、社会的、心理的傷害により、熟練労働力の喪失、早期退職、従業員に対する補償等、多額の支出につながってしまう恐れがあります。

これまでに多くの国では聴覚保護プログラムが進められ、国内外の規格で管理されています。そのようなプログラムにはハンドヘルド騒音計またはパーソナルノイズドーズメーターを使用した騒音暴露評価が含まれています。

システム提案

4448型 パーソナルノイズドーズメータは肩に取り付けケーブル不要のノイズドーズメータで、労働時間中労働者の側に置いて、すべての騒音暴露データを測定、記録します。二つのボタンによるシンプルな操作や分かりやすいLCD画面、自動校正機能は、わずか数分で使い方をマスターできます。充電式バッテリとメモリは、数日間の測定に十分な容量を提供します。

最大10台のドーズメータが入るキットは、付属のアクセサリやオプションのアクセサリを入れるのに十分なスペースのある携帯に便利なケースに入っています。

> Personal Noise Dose Meter Type 4448

> Protector Type 7825

人体振動は機械振動の人体に対する影響と定義されています。影響は全身または人体の一部である場合がありますが、中でも手と腕は最も多く影響を受けます。のみ、ドリル、ハンマーなどのハンドヘルド電動工具は使用者に危険な振動を与えます。全身振動の最も多い原因は、移動中の自動車です。

全身振動は主に、体を支える人体の表面(すなわち足、尻、背中など)を通して全身に伝わります。全身が長期的に振動に暴露されると、恒常的な身体障害や神経系の傷害を引き起こす可能性があります。

手腕振動は手や腕から伝わる振動です。長年、毎日のように手腕振動にさらされると、通常、「白ろう病症候群」としてよく知られている恒常的な疾患を発症したり、手首や肘の関節や筋肉の損傷を引き起こしたりすることがあります。

システム提案

人体の振動暴露は、国際規格の要件に準拠した機器を使用した全身および手腕振動の測定から評価することが可能です。4447型 人体振動計は、人体の振動暴露の有害な影響の監視、軽減を求める方々のために設計されたポータブルの人体振動測定評価システムです。この装置には欧州指令2002/44/ECで定められている対策値と制限値を確認する振動暴露計算用のPCソフトウェアがついています。

Human Vibration (Primer)

> Human Vibration Analyzer Type 4447

こちらのフォームを埋めてください。ブリュエル・ケアーから回答をご連絡いたします。すでにお使いの機器に関するご質問の場合は、サポートリクエストフォームからお問合せください。

I would like to
My name is
I am from
My Company is
My phone no. is
My email is