Ruido de productos

製品の騒音

製品の音と騒音の放射は、ユーザーの主観的な経験と客観的パラメーターの両方を念頭に設計される必要があります。私たちのご提案をご確認ください。

騒音と音は多くの製品で重要なマーケティング要素と考えられています。事実、騒音と音が製品差別化のカギとなることがあります。うるさすぎたり、おかしなサウンドだったりすることで、特定のブランドに対する消費者のイメージや許容に影響を与えます。さらに、メーカーはますます厳しくなる騒音規制とラベリング要件に準拠し、その際のデータ収集の方法を記録する必要があります。そのため、製品の音響と騒音放出を設計する際、客観的なパラメーターばかりでなくユーザー自身の主観的な認識を考慮に入れることが重要です。

騒音ターゲットと音質プロフィール

製品開発サイクルの設計段階においては、騒音のターゲットや多くの場合音質プロフィールが設定されます。これらのターゲットを達成できないと、コストと時間がかさむ可能性が増します。よくても、製品化の遅れや生産遅延の発生、最悪の場合は、消費者に受け入れられず、市場からその製品の撤退を余儀なくされることもあり得ます。

お客様の製品が洗濯機、自動車、重機、なんであったとしても、ブリュエル・ケアーは騒音を定量化し、騒音源の特定と対策を行い、そのサウンドを最適化するのに必要なツールを提供します。

  • 音源探査

    エンジニアは、特定の部品に騒音の発生源をたどることで、より正確に騒音軽減目標を定めることができます。

  • 音響パワー

    騒音に対する意識はかつてないほど高まり、工具、家電製品、機械その他の機器の購入者にとって製品の騒音レベルはますます重要となっています。

  • 車両パスバイ騒音

    車両の総合的な音響特性を判断するには、車の走行時に計測をする必要があります。たとえば、車が固定してあるマイクロホンの前を通過する時に測定するなどです。

  • 音質評価

    高い音質により製品品質の総合的な認知が高まり、売り上げそしてブランド資産価値の増加につながります。

  • 電気音響

    高品質のサウンドを実現するのに、研究開発を行う間に生成、保存した音を分析することは重要です。本格的な音の再現には大量のパラメータが欠かせません。

  • 音響材料試験

    音響特性を求めるために材料を試験することで、材料が部屋や車両などの音響体験全体にどのように影響するのか理解できます。