Wind tunnel acoustic testing – Aerospace

風洞音響試験 – 航空宇宙

騒音放射の削減は航空機メーカーにとって重要な技術で、より静粛な航空機設計に役立てるための様々な解析、実証、数値化ツールが存在します。

Ask an Expert

騒音源のメカニズムの複雑さを考慮し、予測手法の検証と、騒音軽減処置の音響的効果の調査の双方を目的として、航空機の騒音源とその指向性の空力音響学的な測定には風洞が利用されます。様々な流体に起因して発生する騒音現象の空気力学的、空力音響学的研究には、開放型無響風洞、密閉型風洞のどちらも使用されます。試験設備は、主にアプリケーション、設計速度、希望するモデルの縮尺に応じて選択する必要があります。

システム提案

Wind tunnel acoustic testing – Aerospace system overview

ブリュエル・ケアーの風洞音響試験システムは航空機音響縮尺模型実験に必要なあらゆるタスクを正確に実施します。システムは当社の標準製品(COTS)をベースに、風洞試験アプリケーションで直面する特定の問題用に最適化されています。これらは、トランスデューサ、データ収集、分析、レポート作成の測定チェーンのすべてをカバーします。

システムは一般的に必要数のマイクロホン、プリアンプ、LAN-XI データ収集ハードウェア、関連ソフトウェアがインストールされた収集用ワークステーション、PTP(Precision Time Protocol)対応LAN、複数のリモートモニタリングステーションで構成されています。