Wind tunnel testing – Automotive

風洞試験 – 車両

音響現象の原因特定の方法は数多くありますが、多くの場合、現象が発生する条件に左右されます。

Ask an Expert

多くの自動車メーカーにとって、風洞測定がモデルやミュールカー試験のリアルな条件を再現する唯一の方法であることがよくあります。これは、シミュレーションモデルデータを検証し、騒音低減処置の音響的な効果を調査する優れた方法でもあります。

空力騒音は、乗用車での走行中や高速列車乗車中の快適性にとって重要です。高速でのクルーズ走行中、空力騒音が車室内の支配的な騒音源であるため、車室内の空力騒音については、開発の様々な段階でフルサイズの車を使用して風洞内で測定が行われます。高速列車から発生する車外の空力騒音を調査するために、列車の一部の縮尺模型やパンタグラフのようなコンポーネントを対象に風洞試験が行われます。

システム提案

ブリュエル・ケアーのPULSE アレイベース音源探査ソリューションは、風洞のような厳しい条件に耐え、信頼性の高いデータを取得することが可能です。システムには、風洞内で車外音を測定する方法として、近距離場ホログラフィ、ビームフォーミングの二つの主な手法が含まれます。ビームフォーミングを使用する場合、アレイは気流の外、比較的音源から遠い場所に配置されます。近距離ホログラフィでは、スキャニング法が使われ、計測用マイクロホンアレイは試験対象車両に近づけて、多くの場合は気流内に配置されます。

平面アレイ、ハーフホイールアレイなどのハードウェアが使用でき、中でも実際の表面音圧を測定するために設計された4949型 サーフェスマイクロホンは風洞試験中、自動車の車体表面に直接設置できるため最適です。