Beamforming measurement process for mapping the relative sound pressure

ビームフォーミング

音源の相対音圧や音響インテンシティ寄与をマッピングするための使いやすいワンショット計測プロセスこのソリューションは、気流の外の比較的音源から離れた場所にアレイを配置するような、風洞内の自動車などの大きな対象物に最適です。

Ask an Expert

アレイのマイクロホンは18~144本で、仕様により異なります。組み込まれたカメラにより、シンプルで直感的な記録を可能にします。リファインドビームフォーミング技術は空間分解能の改善に使用できます。

Acoustic beamforming using an array

ビームフォーミングは中周波から高周波数帯域(500 Hz~20 kHz)まで有効です。テストベンチ内でエンジンのような音源の近くで使用する場合は、非常に広い周波数範囲を測定できる特許取得済みのワイドバンドホログラフィーを使用することができます。非定常オプションの追加により時間、RPM、角度の領域で平均化でき、パワートレイン分析などに理想的です。

システム提案

測定、ポスト処理用ソフトウェア、18チャンネルのスライスホイールマイクロホンアレイ、LAN-XIデータ収集ハードウェアから成る基本的なPULSEビームフォーミングシステムは、騒音源の識別、トラブルシューティング、異音試験、工業プラント騒音測定に最適です。1度の計測を元に、システムは、アレイ状マイクロホンを用いて音源から音が到来する方向を検出し、騒音源の音響マップを与えます。システムはホログラフィに拡張することができます。 

> 動画:Beamforming measurements on a superkart