Flight certification

飛行認証

世界的に航空機の利用が増加するにつれ、空港周辺の騒音に対する懸念も高まっています。

Ask an Expert

そのため法令はますます厳しくなっています。そこで機外騒音は航空宇宙産業にとって最優先課題であり、ICAO Annex 16、FAR 36、IEC 61265などの航空機騒音認証規格に準拠した、アプローチ、飛行、サイドラインそれぞれの認証飛行条件で航空機実効感覚騒音レベル(EPNL)を証明するために、航空機騒音認定試験が義務づけられています。

ブリュエル・ケアーの航空機騒音適合証明試験(ANCT)システムは航空機騒音適合証明試験に必要なすべての測定タスクを正確に実施し、測定チェーン全体をカバーする当社の標準製品(COTS)をベースにしています。

システム提案

Flight certification system overview

ブリュエル・ケアーのPULSEハードウェア、ソフトウェアソリューションは、国際規格に準拠した航空機騒音適合証明のための使用が航空機メーカーにより認定されています。PULSEベースのANCTシステムは当社のCOTS製品の様々な固有の機能を統合、最適化した航空機に特化したソリューションです。これらの製品は測定チェーン全体を網羅しており、騒音認定プロセスの全段階をサポートする完全なワークフロー主導型のソリューションです。