Flyover noise source identification

フライオーバー音源探査

飛行中の航空機の騒音源マッピングのために、ブリュエル・ケアーのフライオーバービームフォーミングソフトウェアは個々のエンジンや機体の騒音源を追跡します。

Ask an Expert

エキスパートが設計した配列に従って大規模マイクロホンアレイが配置され、アナログケーブルを短くするように分散配置されたデータ収集モジュールネットワークに接続されます。

飛行中の航空機の位置は、オンボードGPSシステムにより測定され、アレイデータとの同期はアレイデータ、航空機のGPSデータと共にIRIG-B信号を記録することで行われます。ビームフォーミングは、風切り音を抑制するためのDiagonal Removal機能を搭載した標準の追跡時間域遅延和(DAS)アルゴリズムを使用して計算されます。

移動しているシステムの各フォーカスポイントに関しては、騒音源マップの周波数情報を得るため、FFTと短い間隔での平均を求め、その間隔の中間点の機体位置におけるデータとします。

システム提案

Flyover noise source identification system overview

BZ-5940 PULSE Array Acoustics フライオーバー移動音源ビームフォーミングは、地上マイクロホンアレイの上空を飛行している時に、音の発信源の方向を元にしたサウンドレベルを区別することにより、航空機の一度の測定から音源の高解像度の音響マップを提供します。

一般的なシステムは、BZ-5940に加え、水平ホイールアレイ、LAN-XIデータ収集ハードウェア、PULSE Array Acousticsビームフォーミングソフトウェアなどを含みます。