Ramp noise testing

ランプノイズ試験

ランプノイズは規格化された地上での音響測定で、駐機した航空機上で騒音の影響を詳細に測定します。ランプノイズ試験はメンテナンス作業担当者や航空機に乗り降りする乗客の騒音暴露を評価、低減します。

Ask an Expert

主な騒音源は補助動力装置(APU)、エアサイクルマシン(パック)、ブレーキファンに起因しています。

システム提案

Ramp noise testing system overview

ランプノイズ測定を行うには、データ収集システムは航空機周辺至るところに配置しなければなりません。PULSE LAN-XIデータ収集システムは、数百チャネルのデータをレコーディングでき、航空機周辺に分散設置して、LANケーブル1本で接続すれば、同期の取れた結果が得られます。

試験データのリアルタイムモニタリングに加え、システムは航空機周辺の騒音レベルを示す騒音マップの表示機能や、ポスト処理用に試験設備全体での共有機能を有しています。

PULSEハードウェア、ソフトウェアソリューションは、国際規格に準拠した航空機騒音適合証明としての使用が航空機メーカーにより認定されています。