Self-noise monitoring systems

自己騒音モニタリングシステム(SNMS)

ブリュエル・ケアーの自己騒音モニタリングシステム(SNMS)は音響シグネチャの管理が重要となる潜水艦および水上艦艇の振動騒音モニタリング用に半永久的に設置される統合されたソリューションです。

Ask an Expert

音の検出、識別技術は絶えず進歩、洗練されています。これらの技術の進化に伴い、音響ステルス戦略も進化が求められます。音響的に自由でいるためには、乗務員、搭載されている装置や空洞、船舶全体から放出される騒音特徴を含めた、すべての船舶の騒音源を考慮する必要があります。

ブリュエル・ケアーは、騒音源の調査、分析、識別から高度な設計の検証に至る、アプリケーションに特化したタスクの中で使用できる水中音響と試験ソリューションの幅広い知見を有しています。

システム提案

Self-noise monitoring systems (SNMS) system overview

ブリュエル・ケアーのCOTS PULSEプラットフォームをベースに、SNMSは、騒音源をモニタリング、分析するための完全に統合されたソリューションを提供するために、LAN-XIデータ収集ハードウェアとPULSEソフトウェアアプリケーションを統合しています。

システムは半永久的に取り付けられたトランスデューサ(船体に設置された加速度ピックアップと船外のハイドロホン)、トランスデューサ電源、データ収集、データ分析、保存媒体とディスプレイ、データインタフェースで構成されています。システムの強化のため、ポータブル振動計と、期限付きタスクを実行するための持ち運びシステムが含まれています。