Sound intensity mapping

音響インテンシティマッピング

音響インテンシティマッピングはエンジニアがNVH(Noise, Vibration and Harshness:騒音、振動、ハーシュネス)の問題に取り組む際に使われる数多くの騒音識別技術の一つです。

Ask an Expert

これは、音響パワー、吸音、音響透過の測定などの目的で、音場におけるエネルギーの大きさと方向を測定する汎用性の高いツールです。暗騒音の影響を受けずに、測定中の視覚的、聴覚的なフィードバックにより音の方向と騒音「ホットスポット」を素早く突き止めることができ、稼働中の音源の結果がその場で簡単に得られます。

色分けされた騒音マップは直感的な記録でき、結果の共有もしやすくなります。セレクティブ音響インテンシティオプションにより、さらに内部の原因となる音源やその放射メカニズムを突き止めることができます。

測定点が多い場合は、ロボットシステムが正確にマイクロホンポジショニングを自動化します。現場用や走行中の車内用には、サウンドレベルメータをベースにしたハンドヘルドシステムを提供しています。

システム提案

音響インテンシティマッピングアプリケーションの推奨システムは音響インテンシティ用フロントパネル付きLAN-XIフロントエンドと音源探査ソフトウェアを含む BK Connect データ収集分析システムをベースにしています。リモートコントロールと音響インテンシティ校正器をセットにした音響インテンシティプローブによりシステムが完成します。システムは、音響インテンシティプローブ用の2次元自動ポジショニングシステムを使用して拡張することが可能で、セレクティブインテンシティ測定用にフロントエンドの3チャンネル目を使用します。