Static engine noise certification

固定エンジン騒音認証

固定航空機エンジン騒音地上試験は、エンジンの地上静止騒音の測定のために実施されます。

Ask an Expert

固定航空機エンジン騒音地上試験は通常、飛行試験ほどコストがかからず、気象条件、地表面の違い、飛行経路等にそれほど影響されないため、予測しやすく、飛行試験よりも好ましい試験です。航空機騒音適合証明を一度得られれば、航空機メーカーは新しいエンジンや改善されたエンジンの完全な騒音適合証明試験を実施する必要はありません。航空機メーカーは、地上の飛行等価(Ground to Flight Equivalence; GTFE)手順によって当局から新(改造)エンジンの騒音証明を取得することができます。

ブリュエル・ケアーの固定エンジン認証試験(SECT)システムは、業界騒音認定規格 ICAO Annex 16、FAR 36、SAE ARP1846AとARP866A(温度と湿度の関数としての大気吸収の基準値)で規定された測定条件と手順を遵守しています。

システム提案

Static engine noise certification system overview

SECTシステムは固定航空機エンジン認証、開発試験に必要なすべてのタスクを正確に実施し、測定チェーン全体をカバーするPULSEデータ収集分析プラットフォームとその他の標準製品をベースにしています。システムは認証騒音レベルを求めるのに必要なすべての関連する騒音、気象データを取得し、このデータを測定機器、大気吸収双方の標準参照条件合わせて補正します。

SECTシステムはオープンフレームワークであるため、各顧客の要件に基づいて研究開発用タスクを追加する、またはシステムのワークフロー内に組み込むことが可能です。