音響パワー

騒音に対する意識はかつてないほど高まり、工具、家電製品、機械その他の機器の購入者にとって製品の騒音レベルはますます重要となっています。

工具、家電製品、機械その他の機器の購入者にとって、製品の騒音レベルはますます重要となっています。購入に際し、使用者とその周辺の人双方の騒音暴露が低いことを確認しようとしています。製品の騒音低減を促進するため、EU指令 2010/30/EUのような規制は、製品に音響パワーレベルを明確に表示するよう義務づけています。これにより消費者の選択を容易にする情報が提供され、音響レベルの低減の競争が促進されます。

議論の余地のない騒音レベル

製品の騒音レベルを効果あるものにするためには、公正で比較可能な測定に基づいていることが必要です。音響パワーは、音響環境とは独立に、製品の絶対的な音響エネルギーを示しています。試験方法の同一性を保つために、家電製品から土木機械までのあらゆる種類の機器に対し、各規格で厳密な測定方法を規定しています。ブリュエル・ケアーのソリューションはEU規格や国際規格に幅広く対応し、ユーザーがその規格に則って計測できるように設計されています。

音響パワー測定

試験目的に応じて、複数の異なる種類の測定に基づいて音響パワーを計算することが可能です。音響インテンシティに基づく方法は、現場計測や製品エンジニアリングで使用され、換気ファンなどの固定された対象物に最適です。残響室ベースの音響パワーと自由音場ベースの音響パワー測定は、生産検査や家電製品などの製品の大量試験によく用いられます。ブリュエル・ケアーは測定規格の作成と維持に深く関わっています。重要な規格には、洗濯機用のIEC 60704-2-4、 土木機械用のISO 6393、ISO 6394、ISO 6395、ISO 6396があります。

従来、音響パワーを測定するには騒音源を無響室や残響室のような特別な部屋に置く必要がありました。しかし、音響インテンィティは任意の音場で音源を測定できるため、音響パワーを直接測定することができます。また、安定した暗騒音は閉空間に渡って測定したインテンシティから求まる音響パワーに影響を与えないため、それぞれが騒音を発していても個々の機械またはコンポーネントの測定が可能です。音響インテンシティは大きさだけでなく向きも測定できるため、音源位置の特定にも非常に役立ちます。そのため、複雑に振動する機械の放射パターンを現場で調査することも可能です。

システム提案

7882型 PULSE 音響インテンシティ法音響パワーソフトウェアは、ISO 9614第1部、2部、3部に準拠した専用のテンプレートを用いて音響パワーを測定、保存し、レポートを作成することができます。上記の三つの規格で要求されるハードウェアは同じです。選択した規格の要求を満たすために、専用のPULSEテンプレートは、タスクリストによってユーザーを必要な手順でガイドします。タスクリストは規格間の類似点を反映しており、直感的なインターフェースになっています。

2270型 2chハンドヘルドアナライザ(騒音計機能つき)、BZ-7233 音響インテンシティソフトウェア、3654型 音響インテンシティプローブキットで構成される、ポータブルなハンドヘルド音響インテンシティアナライザシステムも使用できます。

Sound Intensity (Primer)

Sound power with hand-held sound intensity system
> Hand-held Sound Intensity System Type 2270-G with Sound Intensity Software BZ-7233 and Sound Intensity Probe Kit Type 3654

> PULSE Sound Power Using Sound Intensity Type 7882

製品の騒音放射を求める場合、音響環境の影響を受けない絶対的なパワー値であるため、音響パワーが用いられることが多くなっています。測定に用いられる主な方法の一つは、残響室ベースの音響パワーです。この方法では残響室(拡散音場)に音源を置き、音圧を測定して音響パワーを求めます。

ISO 3741に記載されている残響室での計測は、非常に安定的に音が放射されている比較的小さい機械の精密級試験を実施するのに特に適しています。一方、ISO 3743-2の要件を満たすために構築された特殊残響室は、それほど費用をかけずにエンジニアリング級の結果が得られるため、特に小型の騒音源のA特性音響パワーレベルを直接計測するのに適しています。ISO 3743-1に記載されている硬い壁の試験室は実用級の測定に利用され、多くの場合、規格で要求されるような特別な音響処置が施されていない何も置かれない一般的な部屋となっています。

システム提案

強力なPULSEプラットフォーム上に構築された7884型 PULSE 拡散音場法音響パワーソフトウェアは、残響試験環境で鳴らした騒音源の音響パワーを求めるために、ISO 3741、ISO 3743-1、ISO 3743-2に準拠した測定、計算手順を提供します。専用のPULSEテンプレートで各規格に従った騒音放射を求め、保存し、レポートを作成することができます。それ以外にも、このソリューションにはLAN-XI データ収集ハードウェアと、マイクロホンセットもしくは単一の回転式マイクロホンが含まれます。

PULSE Sound Power in Reverberation Rooms Type 7884

> Reference Sound Source Type 4204

> LAN-XI Data Acquisition Hardware

機械や装置からの騒音放射量は、より安全で健全な職場と環境の保護を目的に、国内、国際的な規制の対象となりつつあります。例えばEUで販売される掃除機から冷蔵庫に至るすべての家電製品には、音響パワー情報を含むエネルギーラベルをつけることが義務づけられています。例えば洗濯機には洗い、脱水のそれぞれでの値を記載することが必要です。

騒音申告は、購入者が市販の機械の騒音放射量を比較し、比較的騒音の少ない機械を選択する手助けとなることを目的としています。同時に、EU騒音エミッションの要求を満たす認可された製品のメーカーにとっては、低い輸入障壁で大きな市場に参入できるチャンスとなります。

三つある製品の騒音放射量を規定する主な方法の一つは、自由音場ベースの音響パワーを利用する方法で、音源を音響的に自由な空間(自由音場)に置き、音圧を測定することにより音響パワーを求めます。

システム提案

完全なターンキーシステムにより、関連するISO、 ECMA規格や欧州指令に準拠した原則自由音場環境での音響パワーを決定することができます。これにより、欧州指令2009/125/ECに準拠して、EUにより義務づけられている最終報告に至るまでの測定プロセスを簡略化することができます。システムはLAN-XIデータ収集ハードウェアおよび音響パワーソフトウェアで構成されるPULSEプラットフォームをベースにしています。マイクロホン、タコメータープローブ、環境補正を求めるための参照音源に加え、ケーブルなどのアクセサリーを加え、セットアップが完成します。

> Sound Power and Noise Source Identification (Video)  

Free-field based Sound power

> PULSE Sound Power Type 7799

> Reference Sound Source Type 4204

> LAN-XI Data Acquisition Hardware

こちらのフォームを埋めてください。ブリュエル・ケアーから回答をご連絡いたします。すでにお使いの機器に関するご質問の場合は、サポートリクエストフォームからお問合せください。

I would like to
My name is
I am from
My Company is
My phone no. is
My email is