Ruido de pass-by de vehículos

車両パスバイ騒音

車両の総合的な音響特性を判断するには、車の走行時に計測をする必要があります。たとえば、車が固定してあるマイクロホンの前を通過する時に測定するなどです。

走行している車両の車外音は車の特性の一部であり、その魅力としても欠かせません。しかし数千台の乗用車やトラックが集まれば、その交通騒音はかなりの大きさになります。環境騒音低減のため、政府機関は車両のタイプごとにパスバイ騒音の制限を設定しており、遵守されねばならない重要な規制です。

音響的な特性評価

車の総合的な音響シグネチャの特性を判断するには、車の走行中、車が静止しているマイクロホンの前を通過する時に測定することが必要です。車両の実際の使用を最も正確に反映する状況で車両騒音を測定するために、測定規格で騒音の測定方法を規定しています。トラック、自動車、オートバイなどの車両用の方法では、試験車両が全開加速、全速力で加速する正確な位置を指定しています。同様に航空機認定試験には離陸、着陸時の騒音の測定が必要となります。

パスバイ騒音の進展

この分野は標準化が強力に進んでいるため、最新のパスバイ試験の進展を把握しておくことが重要です。一つの良い例がASEP(Additional Sound Emission Provisions)で、この規定で車両試験が増加し、計算が大幅に複雑になっています。別の例としてインドアパスバイがありますが、これはテストコースの貴重な時間の節約になりますが、専用の測定規格に従う必要があります。ブリュエル・ケアーのソフトウェアは、お客様の業界に関連する規格が要求する試験手順に沿ってガイドします。

パスバイ騒音測定は自動車メーカーの製品認定に必須であり、屋内での測定手順と条件はISO 362-3に勧告されています。さらにパスバイ騒音測定は製品開発やトラブルシューティングツールとして利用することができます。

PULSE インドアパスバイは、各種国際規格に準拠して、半無響の試験室内のシャシダイナモメータ上を走行する車の屋外でのパスバイ性能をシミュレーションするツールを提供します。 車が走行中に車室内外の騒音を測定するのは、このような試験室の方がはるかに簡単です。天候や測定場所などの違いを除くと、測定はさらに再現性が高くなる上、移動しない車に計測器をさらにつけることができます。通常のパスバイ騒音をシミュレーションするには、従来の屋外パスバイ騒音測定のように試験車両が静止マイクロホンの前を通過しなくてもよいよう、試験車両に沿ってマイクロホンを一列に設置して実施されます。その代わり、車はシャシダイナモメータ上で屋外と同じように加速します。

システム提案

Vehicle indoor pass-by system overview

インドアパスバイシステムはPULSEデータ収集および分析プラットフォームにベースにしています。インドアパスバイソフトウェアとPULSE LAN‐XIフロントエンドドライバは、フレーム、モジュール、フロントパネルを含めたLAN‐XIデータ収集ハードウェア、自由音場マイクロホン、そしてデータレコーダーと組み合わされます。

車外騒音寄与解析オプションは、例えば、パワートレイン、吸排気システム、タイヤ等の特定の騒音源に対応する車外騒音の主な寄与を特定する機能を追加します。

PULSE Indoor Pass-by and Exterior Noise Contribution Analysis System (Application Note)

Evaluation of SPC and BSS for indoor pass-by noise contribution analysis (Conference Paper)

Exterior Noise Contribution Analysis with Simulated Indoor Pass-by Measurement (Conference Paper)

Blind Source Separation Applied to Indoor Vehicle Pass-By Measurements (Conference Paper)

Estimating Contributions of Vehicle Pass-by Noise Sources (Conference Paper)

> PULSE Indoor Pass-by Noise Testing Type 7793

> LAN-XI Data Acquisition Hardware

> PULSE Front-end Driver Type 3099-A

車両が騒音放射規制を遵守していることを認定するには、国際規格で規定された手順に従った測定が必要です。これらの規格は、一般的な市街地交通条件の下でのパワートレイン、タイヤ、ロードノイズを規定し、通過騒音、惰行騒音などの騒音試験に厳しい要求を課しています。

試験装置は特別な測定方法に対応する必要があり、試験規格により規定された値を検証しなくてはなりません。当社のソリューションは、単純な適合性試験から多チャンネルの診断に至る、すべてのパスバイ試験をカバーしています。当社のすべてのパスバイソリューション(屋外または屋内)はISO 362、SAE J1470、ISO 13325、ISO 5130などの最も普及している国際規格に対応しています。さらに当社のビームフォーミングアレイを選べば屋外音響マッピングを提供し、車の音に寄与している音源を正確に突き止めるのに役立ちます。

システム提案

Vehicle outdoor pass-by system overview

PULSE車両パスバイソリューションは完全なPULSEデータ収集分析プラットフォームです。これにはLAN-XIデータ収集ハードウェア、絶対的な位置参照を得るためのパスバイ関連アクセサリ(フォトセルなど)、連続的速度位置情報を提供するためのスピードセンサー(レーダー、GPSその他のデバイス)、環境パラメーターを提供するためのウェザーステーションが含まれます。こシステムは、適合性試験設定から車両混走測定チャネルのついた複数車両設定まで、拡張可能です。一人での試験実施にも対応しています。
> PULSE Vehicle Pass-by Test Systems

こちらのフォームを埋めてください。ブリュエル・ケアーから回答をご連絡いたします。すでにお使いの機器に関するご質問の場合は、サポートリクエストフォームからお問合せください。

I would like to
My name is
I am from
My Company is
My phone no. is
My email is