Electroacoustics

電気音響

高品質のサウンドを実現するのに、研究開発を行う間に生成、保存した音を分析することは重要です。本格的な音の再現には大量のパラメータが欠かせません。

携帯電話、タブレット、スピーカーなどの新しい電気音響機器は設計の境界を押し広げ続けています。競合がひしめく市場において競争力を強化し、かつ電話機での音声の受話、送話の国際規格を満たすため、最新のスマートフォンにはかつてない印象的な機能を押し込む必要があります。顧客が開放型ヘッドホンを希望する場合も、平坦な周波数応答のスピーカの購入を希望する場合も、メーカーはブランドが約束した通りの購入者が期待する高品質のサウンドを提供する必要があります。

高品質サウンド再生のエンジニアリング

高品質のサウンドを実現するのに、研究開発を行う間に生成、保存した音を分析することは重要です。本格的な音の再現には大量のパラメータが欠かせません。このパラメータには歪み、周波数応答、および指向性が含まれます。正しいバランスを見つけるためには、多くの試験、自動化、データ相関が必要なため、使いやすさは生産性の高い電気音響試験を助けます。

実際の電話機使用の模擬

単純な電話での通話シーンの背景にも、簡単に使えるように数多くのプロセスが行なわれています。たとえ電話がテーブルに置いてあったとしても、話者の音声を分離する一方で背景騒音を除くために、スマートフォンには複数のマイクロホンと洗練されたアルゴリズムが使われています。このような機能の試験には、精密な測定機器が必要になります。そしてほとんどの試験パラメータは、洗練されたデータ管理機能のある汎用性の高い分析システムを要求します。

電話の規格試験

最近の通信デバイス、スマートフォン、VoIP (Voice Over Internet Protocol)端末は、多くの国際、国内の規制に加え、通信事業者による規制を満たす必要があります。それにより、機器は世界中の同様なデバイスで効率的に通信できています。規制では発話と受話の間の切り替え速度、語音明瞭度などについて、最低限の品質性能を定めています。これらのパラメータを試験するのに用いられる方法は、数多くの規格に詳細が記載されています。当社のソフトウェアはそれらを具現化し、ユーザーが何も見過ごすことがないように誘導しています。そのような規格にはITU-T、ETSI、3GPPなどが含まれます。

  • 電話のヘッドセット、ハンドセットの試験

    電話機の音響性能は、携帯電話でも固定電話でも、エンドユーザーに受け入れられるだけでなく、国際規格や国内規格に準拠しているかがカギとなります。

  • ハンズフリーデバイスの試験

    車載オーディオ通信システム、会議用電話や、ノートPCのVoIPテクノロジーなどのハンズフリー通信デバイスの音響性能を評価する場合、周辺環境に加え人の頭や身体の音響に対する影響を考慮することが重要です。

  • ヘッドホン試験

    1970年代後半のソニーのウォークマン®の登場以来、ヘッドホン、イヤホンによるオーディオ機能を搭載したポータブルデバイスが広く普及しています。

  • 補聴器試験

    補聴器の開発に際し、高品質の聴力再生とスムーズなコミュニケーションを考慮しつつ、試験、ベンチマーク、品質管理、そして製品設計の強化ができるシステムが必要になります。

  • スピーカー試験

    スピーカーとエンターテインメントシステムは、電話機、自動車、テレビ、ヘッドホン、コンピュータ、玩具、館内放送システム、映画館など、例を挙げればきりがないほど至る所で使用されています。

  • Smart Speaker Testing

    With consumer satisfaction closely linked to how well smart speakers understand voice commands; speech intelligibility and overall sound quality are crucial factors in meeting today's market demands.