Hearing aid testing

補聴器試験

補聴器の開発に際し、高品質の聴力再生とスムーズなコミュニケーションを考慮しつつ、試験、ベンチマーク、品質管理、そして製品設計の強化ができるシステムが必要になります。

補聴器設計者は多くの期待とそれに応えるための長い課題リストを考慮に入れる必要があります。その一例は以下の通り:

  • 騒音中の語音明瞭度の改善
  • 自然音の再現
  • 弱音の聞き取り
  • 大きな音が耳に不快なほど大音量にならないことの保証
  • 最適な音楽の再現
  • ユーザー自身の音声の認識改善
  • 耳あな型補聴器、耳掛型補聴器両方の音再生の最適化

システムは、従来の標準化された電気音響測定と、新しい補聴器技術と機能の開発を支援するオープンで柔軟性の高いプロセスを両方をサポートする必要があります。

システム提案

Hearing aid testing system overview

一般的な補聴器試験にはイヤーシミュレータ(カプラ)と無響試験箱を使用します。無響試験箱は低周波でも外部騒音に対し優れた遮音ができ、明確に定義された統一された試験条件を提供します。これは入出力特性、内部の騒音生成、漏洩検知などの主な測定のために、正確で再現性の高い測定結果を得るための重要な条件です。同様にカプラは補聴器の取りつけが簡単で、幅広い補聴器の正確な測定が可能です。測定は7907型 PULSE電気音響試験ソフトウェアで管理され、データが分析されます。