製品の振動

振動を利用することにより、製品、機械、構造物の内部をよりよく洞察することができます。

世界中の航空宇宙、防衛から最新のスマートフォン開発など幅広い産業で振動分析が利用されています。振動を利用することにより、製品、機械、構造物の内部をよりよく洞察することができます。

振動 = 材料応力

振動が物体を動かし揺らす際、その材料と構造に応力を加えます。つまり、振動試験を実施することにより製品が実際にどのように壊れるか、どれくらい耐久性があるかを明らかにできます。振動により、製品の弱点を知ることができ、壊れる時に加わる力が明らかにし、わずか数時間で製品の寿命をシミュレートすることができます。

構造力学を「聴く」

部品が実際の力にどのように応答するかを理解するためには、自動車部品などの構造物の内部は振動の調査を必要としている部分です。構造物を穏やかに加振することで、物体の素材と構造に起因する固有の構造力学を見つけ出すために「聴く」ことができます。例えば、車の騒音や振動を引き起こしたり、航空機に弱い箇所を生み出すような性質があります。

実用的な知識を得る

製品を「加振」しなくとも、振動を「聴く」ことで製品を知ることができます。振動解析は、自動車のブレーキディスクがどの程度バランスされているか、つまり自動車に装備して急ブレーキにも耐えるかどうかを示してくれます。風力タービン翼から車のギアボックスに至るような製品の稼働中に生じる振動の測定により、問題を明らかにし、原因箇所を突き止めることができます。

製品の完全性を試験するために、外部から振動を加える、あるいは製品自体の振動を解析、操作したい場合、ブリュエル・ケアーは振動加振機からデータ収集解析に至るシステム、トレーニング、サービスを提供しています。

  • 振動試験と検証

    応力や摩耗が短時間に起こることを考慮することにより、振動試験は隠れた設計の弱点を明らかにします。

  • Structural dynamics

    All structures are subject to physical forces that affect their performance. They must be resilient enough without the need for costly over-engineering.

  • 機械の分析と診断

    騒音と振動はただ煩わしいだけではありません。騒音振動は機械の非効率を示すエネルギー放出です。