Machine analysis and diagnostics

機械の分析と診断

騒音と振動はただ煩わしいだけではありません。騒音振動は機械の非効率を示すエネルギー放出です。

騒音と振動は、アンバランスなパーツなど機械の信頼性に影響を与えている可能性や、機械そのものに起因する悪影響によって故障が発生することさえありうることを示しています。

機械の振動分析

コンプレッサ、パワートレイン、エンジン、ポンプ、タービンなどの回転や往復運動をする装置は多くのパーツから構成されており、各パーツが組み立て完成品の音響、振動パターンに影響を与えています。このような種類の機械では、欠陥や質量の不均等を原因とする負荷条件やアンバランスの変化が振動と関連する騒音につながる場合があります。効率化と振動の最小化を実現するには、このような故障やアンバランスの検出が必要になりますが、それを完全に排除することはできません。したがって、航空機エンジンのように、機械を別の構造物に組み込む際には、構造共振を生じさせないように、機械の振動出力を理解しておくことが重要です。

機械の振動出力を理解するには、機械のプロセスと振動測定を関連づけられる分析が必要となります。次数比分析は振動測定と回転パーツの回転数を関連づけ、パワートレイン、ポンプ、コンプレッサ、電気モーターなどの機械に関する知識を深めます。油圧やRPMなどの機械自体のパラメータをCAN Busや補助入力を介して分析に取り込むことができるようにしておくことが重要です。

状態基準保全と状態モニタリング

機械の振動パターンの変化は、機械の健全性を示している場合があります。回転運動、往復運動をする機械の振動問題を診断、対処することにより、そのパフォーマンスを最適化することができます。機械の健全性をモニタすることで、一層の自信をもって、劣化と疲労破壊を防止し、生産的稼働時間を最大化させ、保守、修理、総点検(MRO)プロセスの予定管理を改善することができます。

  • 次数比分析

    回転運動、往復運動をする機械では、欠陥や質量の不均等を原因とする負荷条件やアンバランスの変化が振動と関連する騒音につながる場合があります

  • 機械診断

    最終的に、回転機械の可動部品は、製造や組立公差、摩耗、負荷変動に起因する故障につながる迷惑な振動を引き起こします

  • HUMS (Health and usage monitoring systems)

    HUMSは重要なヘリコプターのギヤボックスのモニタリングに最も頻繁に使用され、次第にヘリコプターや特定の固定翼機のガスタービンにも使用されるようになっています

  • ガスタービン試験

    航空機体は燃料消費量、環境への放出量、エンジン騒音を減少させるという厳しい条件に直面しており、エンジン性能に主な重点を置くようになっています