Machine Diagnostics

機械診断

最終的に、回転機械の可動部品は、製造や組立公差、摩耗、負荷変動に起因する故障につながる迷惑な振動を引き起こします

最終的に、回転機械の可動部品は、製造や組立公差、摩耗、負荷変動に起因する故障につながる迷惑な振動を引き起こします。

振動測定を指針とする様々な診断技術を利用することにより、劣化している機械の根本原因を突き止め、是正措置を講じることができます。診断技術は、機械の振動特徴に含まれている情報を直接使用するため非常に効果的です。その特徴は、機械の表面または内部に取り付けたセンサからの機械振動信号の周波数および時間分析から得られます。これにより、ローターダイナミクスの問題、回転部品の劣化、構造上の問題のトラブルシューティングが可能となります。

システム提案

Machine diagnostics system overview

ランアップ、ランダウンセッション中にPULSE機械診断を使用すれば、複数の欠陥を診断することができます。すべての解析は同時に実行できますが、PULSE Time Data Recorderを使用してあとで分析するためのオリジナル信号が保存できます。過渡状態の診断は、PULSE Time Captureを用いてあとから実行されます。結果は、温度、油圧、位置、風速などの補助パラメータでタグづけされたデータの関係付けられて表示されます。システムは7702-N型 次数比分析から成り、マルチタコメータ、FFTベース次数比分析、トラッキング分析、時間領域同期加算(Signal Enhancement)、ベアリングのエンベロープ分析、ギヤボックスのケプストラム分析、データ/補助パラメータロギング機能が含まれます。最大12の入力チャンネルのどのLAN-XIデータ収集モジュールも適しています。 補助パラメータロギングには3056型 LAN-XIモジュールが必要です。

以下の必要事項を入力してください。

I would like to
My name is
I am from
My Company is
My phone no. is
My email is

当社の個人情報の取り扱いにつきましては、個人情報保護方針をご確認ください。