次数比分析

回転運動、往復運動をする機械では、欠陥や質量の不均等を原因とする負荷条件やアンバランスの変化が振動と関連する騒音につながる場合があります

回転運動、往復運動をする機械では、欠陥や質量の不均等を原因とする負荷条件やアンバランスの変化が振動と関連する騒音につながる場合があります。振動は、機械の可動部分と静止部分の構造特性によって形成されます。次数比分析は測定と回転パーツの回転数を関連づけ、航空機や自動車のエンジン、パワートレイン、ポンプ、コンプレッサ、電気モーターなどの機械に関する知識を深めます。

一般的なアプリケーションには回転機械分析が含まれ、車速やエンジン回転の掃引(ランアップ/ダウン)データをRPMまたはその他の時間で変化する量に対して、処理します。帯域幅固定のFFTベースの次数比分析は、掃引率が比較的低い場合、または、低い次数を対象とした高速掃引に適しています。高次の高速掃引の正確な分析にはトラッキングによる次数比分析が推奨されます。

システム提案

Order analysis system overview

当社の次数比分析およびPULSE Reflex次数比分析ソフトウェアはPULSEのタコメータ、オートトラッカー、次数比分析と、関連するポスト処理機能および各種表示機能と、タコ、スピード、スピード間隔の三つのトリガータイプの追加が可能で、基本的なリアルタイムの次数比分析(トラッキングあり、なし)からPULSE Reflexを使用した高度な次数比分析に至るトータルの診断ツールボックスを提供します。

以下の必要事項を入力してください。

I would like to
My name is
I am from
My Company is
My phone no. is
My email is