Durability and fatigue testing

耐久性試験

耐久性試験と疲労試験はメーカーが自社の製品や部品が一般的使用にどれだけ耐えられるかを評価するのに役立ちます

耐久性試験と疲労試験はメーカーが自社の製品や部品が一般的使用にどれだけ耐えられるかを評価するのに役立ちます。製品が製品寿命の間、目的に適っているならば、部品、アセンブリ、完成品が実際の条件を再現する振動を受けることが評価には重要です。耐久性試験を実施する場合、製品は多くの場合OEMや一流のサプライヤによって定義されている一定の基準に適合するか、または振動により破損するかがテストされます。

耐久性試験は多くの場合繰り返し実施されるため、設定、実施、承認が簡単にできることが必要です。コントローラソフトウェアを介して試験プロファイルを保存し繰り返して再利用する機能は、シンプルな試験の実施もサポートしています。

システム提案

Durability testing system overview

耐久性試験の標準的なシステム構成は、例えばV875-440コンボのような垂直方向にも水平方向にも使用できる中型空冷式加振機をベースにしています。これは、自動車や航空宇宙のアセンブリやサブアセンブリなど、最大600キロまでのペイロード用の汎用性の高い加振機です。このシステムの加振機は、異なるサイズのペイロードに合わせて、交換することが可能です。