Satellite qualification testing at INPE

機械衛星性能認定試験

認定および受け入れテスト(Q&A)は、機器の設計が、組み立てや移動から発射、稼働まで、特別な目的に要求される性能見込みに適合することを確認します。

認定および受け入れテスト(Q&A)は、機器の設計が、組み立てや移動から発射、稼働まで、特別な目的に要求される性能見込みに適合することを確認します。

Satellite-on-shaker-Image-courtesy-of-INPE

衛星か打ち上げロケット任務かでパラメータは大きく変わるため、試験パラメータと構成も大きく異なります。例えば衛星の機械Q&A試験では、標準的な認定試験手順(QTP)は通常、標準的な受け入れ試験手順(ATP)とは異なっています。QTPはより包括的で、機械設計の認定のために、高次のエンジニアリングモデルで実施されます。一般的にこの試験には振動、衝撃、音響疲労などの環境試験が含まれ、ペイロードは振動により破損するか性能を評価するために破損手前で試験されます。一方、ATPは、構造物が性能仕様を満たしていることを示すために実際のフライトモデル上で実施される製造品試験です。

Mechanical satellite qualification test system overview

認定試験には以下の内容が含まれます:

  • 構造上の脆弱性を特定し、構造上の大きな動的変化が起こらないことを確認するための、V994のような大型LDS加振機上での衛星の加振を含む、ランダムと正弦掃引振動試験
  • 例えば、太陽電池パネルの分離と展開の際に起こり得る(熱)衝撃を模擬、分析する衝撃試験

LASER USBコントローラはMIL-STD-810、DEF STAN 00-35を含め、規格化された試験に対応しています。