異音(BSR)

品質向上と信頼性に対する消費者の要求に促され、世界中の自動車メーカーが耳障りな騒音に対して広範囲に試験を実施しています。

品質向上と信頼性に対する消費者の要求に促され、世界中の自動車メーカーが耳障りな騒音に対して広範囲に試験を実施しています。異音(BSR)試験は、自動車の部品とインテリアが耐久性があり、騒音がなく、快適な乗車ができることを保証します。計器盤、サイドミラー、インテリアなどのアセンブリと部品とが試験されます。多くの場合、OEMや1次サプライヤは自動車構造物の4分の1から2分の1の、できるだけ大きなアセンブリとして試験するよう努めています。

システム提案

Buzz, squeak and rattle system overview

試験中のペイロードによりますが、BSR試験の一般的システムには、例えば、ダッシュボードを固定するためのカスタム治具が付いたV780加振機が用いられます。加振機システムそのものに加えて、アレイベースの音源探査や音響エンジニアリング技術が異音挙動の詳細な検出、検証、改善に必要です。