衝撃・落下試験

製品、部品、サブシステムが落下、誘発衝撃、分離衝撃に耐えることを試験するために、通常、過渡衝撃試験、落下試験、インパクト試験が実施されます。

製品、部品、サブシステムが落下、誘発衝撃、分離衝撃に耐えることを試験するために、通常、過渡衝撃試験、落下試験、インパクト試験が実施されます。衝撃試験を実施する際、車が道路のくぼみに落ちたり、テレビが移動中に落下したりした状況を模擬して、テレビ、自動車部品、大型家電のような製品のペイロードを、11 m/sほど急激に移動させます。

自動車のOEM、軍事、商業のメーカーは衝撃試験の基準をもっています。そのような規格には、乗用車および自動車部品用のSAE J1455、商品の衝突落下の際の従来の衝撃用規格のIEC 60068-2-27、IEC 60068-2-29、IEC 60068-2-31、軍事システム用の従来の衝撃試験および衝撃応答スペクトル(SRS)分析用基準のMIL-STD-810があります。コントローラソフトウェアを介して試験プロファイルを保存し繰り返して再利用する機能は、シンプルな試験の実施もサポートしています。

システム提案

Shock and drop testing system overview

当社は衝撃試験に、業界をリードする最大速度1.8 m/sで63.5 mmの加振が可能なV8中型空冷式加振機をベースにしたシステムを推奨しています。直感的な LaserUSB コントローラの衝撃試験ソフトウェアは衝撃試験の迅速かつ正確な記録と分析を行ない、これを管理します。より高度な衝撃応答解析であるBK Connect Shock Response Analysisは、過渡現象の潜在的ダメージを特定するため、時間領域の過渡信号からSRSを計算します。