Simulador NVH

NVHシミュレーション

NVHシミュレーションにより、マネージャも顧客も、非常にリアルな場面で競合車や以前のモデルを「運転」することができるため、エンジニアは彼らの意見を数値化することができます。

NVH(騒音・振動・ハーシュネス)に配慮しながら設計を行なうことは難しいことで知られています。エンジニアは市場投入にかける時間を減らすという継続的ニーズからも絶えずプレッシャーを受けています。自動車は洗練されて静粛でなければなりませんが、希望する時には合法の騒音制限内であれば、ふさわしい轟音を立てることも必要です。数千の部品が構造に関わっている中、総合的なNVHを予測し設計することは困難です。

自動車のターゲット設定

競合車を凌ぐNVH性能を実現するためには、設計エンジニアは、自動車開発プロセスの早期に目標とするターゲットを決定することが必要です。とは言うものの、NVHの体験は主観的なため、特にプロトタイプもない段階では、数値目標を完璧に立てることは困難です。NVHシミュレーションにより、マネージャも顧客も、非常にリアルな場面で競合車や以前のモデルを「運転」することができるため、エンジニアは彼らの意見を数値化することができます。これらのベンチマークから、エンジニアは、NVHの適切なエリアを改善する新しいターゲットを開発し、各サブコンポーネントの寄与を求めるためにターゲットをカスケードする(落とし込む)ことが可能です。

シミュレーションベースの開発

開発者は、車両の開発の間中常に変更を加えます。仮想プロトタイプで部品の変更などの修正や代替デザインの効果を評価することは有用です。ブリュエル・ケアーのNVHシミュレーションでは、物理プロトタイプを作成することなく、代替デザインのNVH効果を瞬時に切り替えながら試験することが可能です。シミュレーションでは、すべての一般的なFEコードのインターフェースを用い、実際の試験データと有限要素(FE)モデルを組み合わせることができます。

デスクトップNVHシミュレータはオフィスや研究所での使用に適した完全なシステムで、ユーザーはデスクトップのモニタに表示される仮想シナリオを通して「運転」することによりデータをインタラクティブに評価、変更、設計することができます。

実際の物理プロトタイプを作成する前に、車両のNVH性能を評価、理解する、より一貫性のある方法が必要だったため、アクセル、ギア、ステアリング、ブレーキなどの運転操作を、全運転状況で車のサウンドを正確に再現するリアルタイムサウンドモデルへの入力として使用しています。シミュレータはコンピュータのモニタに十分現実的な視覚シナリオを表示するため、専門家もそうでない人々も、運転しながら自信をもって既存の車や仮想車の音質を評価することができます。また、主観評価データを収集するために、たとえばリスニングルームやプレゼン会場、顧客の試聴会などに簡単に持ち運ぶことができます。

システム提案

Data Preparationソフトウェアにより、 NVHや車両性能データを、テストコース、試験ベンチ(またはNVHデータであればソースを問わず)で取った時刻歴データから抽出して、NVHシミュレータの自由走行のために準備することができます。モジュールには以下のものが含まれています:

  • コアとビジュアル
  • 官能評価
  • エンジニアリング
  • エンジニアリングと官能評価

標準システム付属のハードウェアには、 PC、高品質のステアリング ホイールとペダル、よりリアルな印象を与える3台のディスプレイ、特性の揃ったヘッドホンのセットが含まれています。オプションハードウェアの提供も可能です。

Development of vehicle NVH using a desktop simulator

> PULSE NVH Vehicle Simulator Type 8601

フルビークルNVHシミュレータは仮想シナリオを表示するプロジェクタ画面と、静止した完全な車両内で音響振動刺激を再現します。これにより、音響振動の設計を評価するための、制御された臨場感あふれる評価環境を提供します。

システム提案

ブリュエル・ケアーのフルビークルシミュレータは、完全にマルチモーダルなコンテキストを生成するために、デスクトップNVHシミュレータを固定されたドナー車両に統合しています。これは、完全なターンキーソリューションとして提供することができます。もしくは必要なNVH シミュレータモジュールは既存のドライビングシミュレータにNVH評価機能を追加するために統合することができます。例えば、シート(3軸)、ペダル、ステアリングホイールの振動が、通常、インタラクティブなNVH刺激に含まれています。

> PULSE NVH Vehicle Simulator Type 8601

DTSオンロードシミュレータは、実際の車を路上で運転しながら、デスクトップNVHシミュレータで生成した車両のサウンドを体験することができます。既存の車のサウンドを置き換えるわけではなく、変更しているため、非常に自然なターゲットサウンドを提示できます。

システム提案

8601-N型 DTSオンロードシミュレータはPULSE NVH車両シミュレータのオプションモジュールで、実際に「ミュール」車を運転しながら、ベンチマーク車または提案ターゲットを次々に評価することができます。 8601-N型を使用すると、運転手は実際のサウンドと、オンロードシミュレータによってリアルタイムに変更されたサウンドを組み合わせ、結果として希望通りのターゲットサウンドを聞くことができます。オンロードシミュレータはマスキングサウンド(ロードノイズなど)を追加することができます(ただし打ち消すことはできません)。制御方法はNVHシミュレータデスクトップバージョンと同じですが、臨場感とコンテキストの関連性を向上させるために路上走行を実装しています。

> DTS On-Road Simulator Type 8601-N

DTS エクステリアサウンドシミュレータを使うと、車外音の評価とその代わりとなる音を聴くことで、サウンドデザインを促進できます。これは電気自動車やハイブリッド自動車のサウンドや、車外での排気音質のような「従来の」車両サウンドの設計、評価を助けます。

システム提案

8601-T型 DTS エクステリアサウンドシミュレータは3644型 PULSE NVH車両シミュレータのオプションモジュールで、車外で人々が体験している移動する車の車外音の可聴化に使用されます。車は、あらゆるシナリオ(例えば街中など)であらゆる運転操作(始動、駐車場での走り去り、急加速など)が可能で、歩行者についても、例えば、立ち止まっていたり、シナリオ内を歩行者として歩いていたりなど、任意の軌跡を作成することができます。エンジニアリングを行う際は、各音源からの寄与が発生源経路寄与解析ツールを使用して求められます。

> DTS Exterior Sound Simulator Type 8601-T

> PULSE NVH Vehicle Simulator Type 8601

こちらのフォームを埋めてください。ブリュエル・ケアーから回答をご連絡いたします。すでにお使いの機器に関するご質問の場合は、サポートリクエストフォームからお問合せください。

I would like to
My name is
I am from
My Company is
My phone no. is
My email is