Casos de clientes

このセクションでは、多くの分野から専門知識のケーススタディをいくつかご紹介しています。

内耳から宇宙空間に至るまで、ブリュエル・ケアーは世界のどの企業よりも幅広く音響振動の測定に関わってきました。そのため、一つの分野で獲得した知識を、全く異なる分野で問題を解決しようとされている方々と共有するまたとない機会を提供できています。これは「創意工夫」と言えます。私たちはこれを、お客様に対する務めであると考えています。

明確な焦点、広い視野

このセクションでは、幅広い分野の専門知識にまたがる数多くのケーススタディをご紹介しています。さらに詳細な情報が必要な場合は ナレッジ・センターをご覧ください。すべてのケーススタディ、ホワイトペーパーなどを見ることができます。

近年の航空宇宙プログラムはこれまでにないほど短時間の設計、開発期間で、「初期段階から適切な」エンジニアリングを要求します。以下、ブリュエル・ケアーのシステムがいかに航空宇宙工学に携わる企業の開発時間を短縮し、高品質の生産と企業目標達成を確実に支援しているかを示すいくつかの事例をご紹介します。


 

DLR REFINES AIRCRAFT CABIN NOISE

DLRが航空機客室の騒音を改善

DLR(ドイツ航空宇宙センター) はドイツの航空技術、宇宙開発を担う国立研究センターです。DLRの実験手法部門は、エアバス社の航空機A320ファミリーの騒音伝搬、伝達の調査に着手しています。

> ケーススタディを読む


Testing ramp noise and durability on Lockheed Martin’s F-35

米ロッキード・マーチン社のF-35のランプノイズおよび耐久性試験

軍の地上勤務員は、特に航空母艦上では高いレベルの騒音に暴露されます。このような勤務員を騒音から保護するため、米ロッキード・マーチン社はF-35の異なる機種の音響特性を調査し、耐久性試験を実施しました。

> ケーススタディを読む


EXTERIOR NOISE CERTIFICATION OF THE AIRBUS A330 MRTT

エアバスA330 MRTTの機外騒音評価

エアバス社は軍用バージョンにA330を改造した後も、騒音規制が適用されている民間空港を使用できるよう、航空機の騒音認証を更新する必要がありました。

> ケーススタディを読む

騒音・振動・乗り心地 (NVH) は、特に乗用車やトラックなどの車両の騒音、振動の特性の研究、そして改善を意味します。今日、効率的なNVH開発プロセスは、自動車メーカーやサプライヤにとって鍵となる競争優位性につながります。

ブリュエル・ケアーは、この業界の卓越した知識に基づき、車両NVH開発プロセス全体にわたるソリューションを有しています。以下、私たちが参加した心躍るプロジェクトのほんの一部をご紹介します。


Designing that unique Ferrari sound using NVH simulation

NVHシミュレーションを駆使してフェラーリ独自のサウンドを設計

ブリュエル・ケアーのNVHシミュレーション技術により、フェラーリはインタラクティブで自由な運転環境で代案設計を決定するための仮想評価を実施することが可能となりました。

> ケーススタディを読む


Uplifting sound quality for Crown Equipment Corporation

Crown Equipment社の音質向上

Crown社は好調を維持するため、フォークリフトのサウンドを改善することで、いかに製品を向上し、より満足のいくユーザー体験を提供することができるかを調査しました。

>ケーススタディを読む


Cutting the commute for New Holland’s combine harvesters

New Holland社のコンバインの通勤時間を短縮

最高の収穫条件が揃っている期間を最大限に活用するため、New Holland社の開発者は田畑の間の移動時間削減に懸命に取り組んでいます。農業用機械の通過騒音を低減することにより、New Holland社は道路の走行速度の評価を改善させ、運転時間の削減に成功しました。

 > ケーススタディを読む

ブリュエル・ケアーは航空宇宙および軍需産業に、騒音と振動を積極的に測定、監視、分析、報告するツールを供給しています。これによりステルス性能、軍の効率向上や過酷な状況での作業の改善に役立っています。

私たちは、民生、民生軍事両用アプリケーションにかかわらず、防衛分野にMIL-810、NATOのSTANAGなどの業界共通規格に準拠した製品とソリューションを提供しています。

機密上の理由で、当然のことながらここに多くの実例を示すことはできません。ですが、いくつかご紹介します。


Streamlining data handling in naval defence

海軍防衛部門でのデータ取扱いの合理化

フランスのDCNS社は、情報へのより迅速なアクセス、より短い試験期間、直感的なインターフェースを享受し、このことは優れた意思決定と潜水艦のステルス性強化に役立っています。

> ケーススタディを読む


Noise mapping of military vehicles for the Norwegian militaryノルウェー軍の軍用車両騒音マッピング 

ノルウェー軍は、近隣住民との良好な関係を保ちながら演習場を最大限に活用する方法をどのように学んだのでしょうか。

> ケーススタディを読む


Underwater acoustic noise measurement of vessels

船舶の水中音響騒音測定

世界でも稀有な研究施設の一つである、ノルウェーのHeggernesの音響測距測定施設では、NATO軍の船舶の音響シグネチャを測定しています。ここでブリュエル・ケアーは重要な役割を担っています。

> ケーススタディを読む

宇宙用アプリケーションには、構造に使用されている部品だけでなく、完成した衛星、着陸船などの構造そのものに対し、過酷な環境下での高い構造性能が求められます。発射時の激しい衝撃や応力から軌道での大気や気候のめまぐるしい変化に至るまで、ライフサイクルを通じた存続性と適切な動作を保証するための各部品の試験が必要となります。どのみち、発射後に修理や交換を行なう容易な方法などありません。

私たちの音響振動ソリューションには環境試験も含まれるため、エンジニアは衝撃、振動、温度などの特定の稼働条件で同時に実験を行うことができます。最近のケーススタディをいくつかご紹介します。


 

Satellite qualification testing at INPEINPE(国立宇宙研究所)の衛星認証試験

ブラジルの宇宙研究機関INPEにとって、高価な衛星の振動試験を行う際、1度目からデータを確実に収集できる試験が必要不可欠です。

> ケーススタディを読む


Ensuring satellite reliability with vibration testing振動試験により衛星の信頼性を保証する

RAL Spaceのジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡は新たな振動試験システムを必要としていたためブリュエル・ケアーのLDS加振機を選択しました。

> ケーススタディを読む


Sensors and airborne amplifiers help launch the VLS-1 rocketセンサーとロケット搭載アンプが国防省航空宇宙科学技術局(DCTA)のVLS-1ロケットの発射を支援

ブリュエル・ケアーのセンサーおよびロケット搭載アンプは、機上テレメトリーに重要な飛行データを提供するのに使用されています。

> ケーススタディを読む

スマートフォン、ハンズフリー通信、テレコイルデバイスなどのプラットフォームを横断する機能にはますます高いレベルが求められ、さらなるイノベーションと利便性が要求されています。以下、電話、スピーカー、ヘッドホン、補聴器、テレビその他の多くのデバイスをより安全で信頼性が高く市場で競争力をもつようにするために、ブリュエル・ケアーが支援してきたケースのほんの一部をご紹介します。


Helping Microsoft to perfect sound qualityマイクロソフトのパーフェクトな音質づくりを支援

音質はマイクロソフトの将来のビジョンの鍵となっています。常に最高の機器を手元に置くことを望むマイクロソフトのエンジニアは、最高の装備を誇り、世界でもっとも静かな場所を含む一連の無響室を構築しました。

> ケーススタディを読む


Hearing loss at call centresコールセンターでの難聴

騒音性難聴は 2 番目に多い職業疾患とされています。長年、コールセンターのオペレーターはリスクの低い職業だと考えられていました。しかしこれを証明するには詳細な研究が必要です。

> ケーススタディを読む


Robot-controlled acoustic holography for hearing aid development補聴器開発のためのロボット制御式音響ホログラフィ

世界有数の補聴器メーカーGN ReSound社から、統計的最適化近距離場音響ホログラフィを搭載したロボット制御式測定機能をもつ特別なターンキーソリューションの依頼を受けました。

> ケーススタディを読む

鉱山や港湾では周辺の地域住民を保護するため、環境の安全性と騒音軽減に重点を置くようになってきています。それにより、環境への影響と厳しさを増す規制を管理しつつ事業を拡大していくことが可能となります。ブリュエル・ケアーは騒音・振動レベルの正確な測定を提供するだけでなく、この分野の専門知識をもたない組織に対し、遠隔監視サービスを提供することが可能です。このようなサービスにより国際規制や国内、自治体の規制の完全な準拠が保証されるため、事業を継続することができます。

私たちが関わったファイルの中から最近のケーススタディをいくつかご紹介します。


Monitoring port noise levels to reduce community impactコミュニティへの影響を軽減するための港湾の騒音レベルモニタリング

Metro Vabcouver港は騒音による影響の監視と管理を向上させることにより地域住民との関係強化を模索していました。ここではその内容をご紹介します。

> ケーススタディを読む


Managing community noise impact from gold mining金鉱騒音の地域社会に対する影響の管理

Tomingley金鉱はNew South WalesのAlkane鉱山開発会社に属しています。この会社は周辺地域に対する鉱山による騒音の影響を管理、文書化する必要がありました。

> ケーススタディを読む


Managing mining noise vibration and dust in an urban environment都市環境における炭鉱の騒音、振動、粉塵の管理

Goldcorp社はオンタリオ州Timminsの露天採掘鉱山で地域社会と良好な関係を保っていますが、ステークホルダーには鉱山の騒音、振動、粉塵に対する懸念がありました。私たちがどのように支援したのかお読みください。

> ケーススタディを読む

多くの国では、騒音の少ない空港への要望や二酸化炭素排出量に対する懸念から、空港環境監視を義務づける法的な規制が厳しくなっています。環境に対する懸念が高まることは、空港を拡張する上で最も深刻な障害の一つとなっています。

ブリュエル・ケアーは規制準拠、環境に対する影響の最小化、強力な地域社会とのパートナーシップ構築により空港の成長管理をお手伝いさせていただいています。私たちは五大陸の230以上の空港と密接に連携して現在と将来の環境課題克服に取り組んでいます。


Short-term noise monitoring at Copenhagen Airportコペンハーゲン空港の短期間騒音モニタリング

騒音モニタリングには必ずしも高価な設備投資が必要とされるわけではありません。あるコンサルティング会社が大規模プロジェクトの要請に対応するために計測設備を拡張していった方法をご紹介します。

> ケーススタディを読む


Airport noise management and CSR at Manchester Airport Groupマンチェスター空港グループの空港騒音管理とCSR活動

マンチェスター空港グループは、英国内の空港ネットワークに渡っての運営を最適化するために騒音管理技術を強化し、騒音の影響を軽減し地域社会に貢献することによってCSRを世界水準に高めました。

> ケーススタディを読む


Monitoring noise to reduce impact at CSIA Mumbaiムンバイ国際空港(CSIA)で騒音の影響軽減をする騒音モニタリング

ムンバイのチャトラパティ・シヴァージー国際空港では、周辺住民への騒音の影響を軽減するため、サウンドレベルの分析、最新の航空規制に遵守したレポートの作成などを実施し、バランスのとれたアプローチを適用しています。

> ケーススタディを読む

建物密集地域における建設工事の騒音には、その影響を受ける可能性のある多くの人々の不快感を回避するための課題が常につきまといます。建物や部屋を出入りする音を研究する建築音響も、非常に重要な分野です。ブリュエル・ケアーは、建築計画を予定通り進め、近隣住民との友好的関係を保つのをお手伝いするために、70年以上にわたり建設会社やコンサルタント会社と緊密に連携してきました。ここで紹介するのは典型的なプロジェクトの事例です。


Safeguarding Londoners from construction noiseロンドン市民を建設騒音から守る

Twickenham駅改築工事の際、アウトソースによるモニタリングソリューションが、法令順守を確実にし、利害関係者に対しウェブベースのインターフェースに情報を公開しました。

> ケーススタディを読む


The Crossrail Project London – C501 Moorgate ShaftロンドンのCrossrailプロジェクト – C501 Moorgate Shaft

C501 Moorgate Shaftプロジェクトはロンドン市内に渡って新たな鉄道網を作るCrossrailプロジェクトの一環です。 私たちのウェブベースのNoise Sentinelシステムは建設騒音を監視し、騒音の影響を抑えるお手伝いをします。

> ケーススタディを読む


Fine-tuning acoustic isolation in buildings建物内の細やかな遮音対策

Acciona Infrastructure社では、新しい技術開発に対応するため、ビル内の建築音響と遮音に関する知識と提案を必要としていました。

> ケーススタディを読む

顧客基盤の多様性を考慮すると、実施してきたプロジェクトを適切な業界に分類するのは必ずしも容易ではありません。ですが、喜んでいただけそうな最近のケーススタディをここでもいくつかご紹介させていただきます。


Maximizing productivity with rapid noise mapping迅速な騒音マッピングによる生産性の向上

Gorenje社は音響特性を迅速に求めるシステムにより、研究開発の効率性を高めようとしていました。私たちはその要請を受けました。

> ケーススタディを読む 


Underwater ship-noise characterization水中での船舶騒音の特性

JRC特機株式会社はブリュエル・ケアーの装置を使用したポータブル音響インテンシティシステムにより、日本で初めて大規模な水中音響測距を可能とした会社となりました。

> ケーススタディを読む


Transportation vibration testing with a V9x shaker system at TÜV SÜDTUV SUD社でのV9x加振機システムを使用した輸送振動試験

TUV SUD社では、重量物、特に乗用車や電車のサブアセンブリーの輸送試験を実施できるよう、所有する加振機レンジの拡充を希望していました。

> ケーススタディを読む
  

こちらのフォームを埋めてください。ブリュエル・ケアーから回答をご連絡いたします。すでにお使いの機器に関するご質問の場合は、サポートリクエストフォームからお問合せください。

I would like to
My name is
I am from
My Company is
My phone no. is
My email is