Aeroespacial DLR

DLRが航空機客室の騒音を改善

DLR(ドイツ航空宇宙センター) はドイツの航空技術、宇宙開発を担う国立研究センターです。DLRの実験手法部門は、エアバス社の航空機A320ファミリーの騒音伝搬、伝達の調査に着手しています。

DLR logo

DLR(ドイツ航空宇宙センター) はドイツの航空技術、宇宙開発を担う国立研究センターです。DLRの実験手法部門は、エアバス社の航空機A320ファミリーの騒音伝搬、伝達の研究に着手しています。ブリュエル・ケアーのマルチフィールドマイクロホンは、航空機客室内や機体とライニング間といった、音場が定かでない場所での測定に用いられました。

課題

飛行試験の方法を改善する一方で、民間航空機のエアバス社A320ファミリーの騒音伝搬、伝達を調査すること。

ソリューション

航空機客室内や機体とライニング間のわずかな空間などの定かでない音場で、マルチフィールドマイクロフォンを使用し、外部振動と圧力が機内騒音にどの程度影響するのか関連づけました。

結果

音響測定結果を圧力センサーおよび加速度ピックアップの結果と組み合わせることにより、乱流境界層のコヒーレントな変動と客室内で発生する騒音との間に明確な関連性が認められました。この結果から、エアバス社は変動を回避するように機体を調整することができました。

こちらのフォームを埋めてください。ブリュエル・ケアーから回答をご連絡いたします。すでにお使いの機器に関するご質問の場合は、サポートリクエストフォームからお問合せください。

I would like to
My name is
I am from
My Company is
My phone no. is
My email is