Aeropuerto de Copenhague

コペンハーゲン空港の短期騒音モニタリング

騒音モニタリングには必ずしも大きな設備投資が要求されるわけではありません。あるコンサルティング会社が、拡張するプロジェクトの要請に対応するために、どのように計測設備を拡大できたのかをご紹介します。

DELTA logo

騒音モニタリングには必ずしも膨大な専門知識が必要とされるわけではありません。また高価な設備への多額な投資が求められるわけでもありません。DELTA Acoustics社は、高い技術を要求する主要測定プロジェクトをNoise Sentinelがいかに簡単に解決するかを学びました。

課題

空港にとって、騒音と航空交通の変化が近隣に与える影響の両方を同時に予測する方が、測定するよりも効果的な場合が往々にしてあります。ただし、そのような予測が正しいことを当局に証明するためには、空港はそれを検証しなければなりません。そのためコペンハーゲン空港はデンマークの世界トップクラスの音響コンサルタント会社であるデルタ社に依頼しました。しかし、既存の装置を使用して事前にDELTAが取り組んでいたよりも、プロジェクトの範囲ははるかに大きくなりました。

ソリューション

Noise SentinelのオンデマンドシステムはISO 20906の要求を完全に満たしています。ハードウェアがすぐに利用でき、結果がオンラインで分かるため、データをモニタし、空港の要件を処理するのも簡単でした。設定は迅速かつ簡単で事前のトレーニングも必要ありませんでした。

結果

設備の増設や更新、トレーニングには追加費用も一切かからず、DELTAはさらに大規模なプロジェクトまで実行することができました。全費用は事前に取り決められていたため、DELTAは最初にコストを計算することができ、それに従って簡単に顧客に請求することができました。

以下の必要事項を入力してください。

I would like to
My name is
I am from
My Company is
My phone no. is
My email is