マンチェスター空港グループでの空港騒音の管理とCSR活動

マンチェスター空港グループは、英国内の空港ネットワーク全体のオペレーションを最適化するために騒音管理技術を強化し、騒音影響の軽減と地域社会への貢献によってCSRを世界水準まで高めています。

MAG logo

マンチェスター空港グループ(MAG)にとって騒音管理技術の向上は、英国内の空港ネットワーク全体のオペレーションを最適化し、定評あるCSR(企業の社会的責任)プログラムに基づいた、またとない機会でした。

課題

MAGは四つの空港で騒音を管理し、オペレーション効率を向上させるのに加え、信頼関係の構築と騒音予測の管理促進のために周辺住民と円滑に対話を行なう必要がありました。空港の継続的な成功にはこの対話は不可欠です。よく考えられた環境管理ポリシーを通じて共同体との良好な関係を維持することにより、事業を拡大、成長させるために空港が必要とする認可が得られます。

ソリューション

そのソリューションはブリュエル・ケアーから空港騒音運営管理システム(ANOMS)という形で提供されました。ANOMSにより、MAGはデータ統合を一元化し、空港騒音のモニタリングとレポート作成を簡素化し、さらには騒音管理プログラムの運用コストを削減することができました。

結果

ANOMSにより、状況を迅速に分析して、MAG事業の別部署、航空会社、周辺住民を含めた様々な利害関係者に入手した情報を提供することが可能になりました。

> ケーススタディ全文をダウンロードする

こちらのフォームを埋めてください。ブリュエル・ケアーから回答をご連絡いたします。すでにお使いの機器に関するご質問の場合は、サポートリクエストフォームからお問合せください。

I would like to
My name is
I am from
My Company is
My phone no. is
My email is