Aeropuerto de Bombai

騒音の影響を軽減するためのムンバイ国際空港(CSIA)での騒音モニタリング

ムンバイ国際空港(CSIA)は、周辺住民への騒音の影響を軽減するため、サウンドレベルの分析と最新の航空法遵守の報告をバランスよく実施しています。

CSIA Mumbai logo

「我々は航空機、空港双方のサウンドレベルを測定する必要がありました。周辺都市の騒音を検討した結果、実施が必要だったのです」CSIAムンバイの取締役副社長のNarendra Hosabettu博士は言います。「スタッフの時間を大幅に節約できるよう、自動化されたシンプルなシステムが必要でした。また、複数の騒音端末からのデータを統合して分析し、単一のポータルで空港の騒音レベルを報告することができる何かが必要でした。」空域、空港、周辺地域の騒音に関与する様々な騒音源を理解するために騒音マップ作成を実施した結果、ムンバイ国際空港株式会社(MIAL)はNoiseDeskを選択しました。

課題

市街地騒音を考慮に入れた上で、CSIAムンバイは騒音の影響を管理し、規制上の義務を果たしていかなければなりません。

ソリューション

効率的に騒音低減の手順とプログラムを実施するため、サウンドレベルをモニタ、管理する、ウェブベースの騒音モニタリングシステム NoiseDesk

結果

CSIA ムンバイは騒音の影響を正確に評価できるようになり、騒音のコンプライアンスを示すレポートを簡単に提供できるようになりました。

以下の必要事項を入力してください。

I would like to
My name is
I am from
My Company is
My phone no. is
My email is

当社の個人情報の取り扱いにつきましては、個人情報保護方針をご確認ください。