TÜV SÜD - Pruebas de vibraciones

TUV SUD社でのV9x加振機システムを使用した輸送振動試験

TUV SUD社では、重量物、特に乗用車や電車のサブアセンブリーの輸送試験を実施できるよう、所有する加振機レンジの拡充を希望していました。

TÜV SÜD Logo

TUV SUDは世界トップクラスの技術サービス組織で、世界の800箇所の拠点に2万名以上の従業員を擁しています。ドイツ、Mannheimのコンピテンスセンターには様々なメーカーの振動試験システムが揃っています。同センターの旧型ブリュエル・ケアーV870 LDS加振機は15年以上貢献してきました。彼らは、試験サービスを拡張するためさらに堅牢な加振機を必要としていました。

課題

予期しないダウンタイムにより、多くの事業計画に問題が起こる可能性があります。顧客に約束した試験スケジュールを守ることは極めて重要です。そこでTUV SUDは特に乗用車や電車のサブアセンブリーなどの重量物の輸送試験用に信頼性の高い加振機を含めるよう、取り扱う加振機を拡充することを希望していました。近年では、ハイブリッド電気自動車(HEV)バッテリアセンブリの試験の必要性が増してきており、その重量は450 kgを超えます。

ソリューション

力、速度、、そして3インチストロークという長さの面で高い性能を有する、V9 加振機が選ばれました。この加振機は衝撃や低周波試験に理想的です。ヘッドエクスパンダと1500 mmの大型スリップテーブルを使用すれば、機器と製品が一緒に梱包されたパレット全体を1度に試験でき、輸送試験には最適です。

結果

V9x加振機は1日平均6時間使用されています。 最初の30ヶ月で試験時間は3000時間にも及びました。2006年の導入時から、V9加振機は最新の設計改善を組み込むために改良が重ねられてきました。このような改良により加振機の長期間にわたる最適な動作が保証されます。

こちらのフォームを埋めてください。ブリュエル・ケアーから回答をご連絡いたします。すでにお使いの機器に関するご質問の場合は、サポートリクエストフォームからお問合せください。

I would like to
My name is
I am from
My Company is
My phone no. is
My email is