沿革

ブリュエル・ケアーは70年以上にわたり、音響振動の分野で主導的役割を果たしてきました。1943年、世界初の圧電型加速度ピックアップの発表から、21世紀の衛星システムの革新的ソリューションと高度な分析システムに至るまで、ブリュエル・ケアーは創立以来、業界をリードしてきました。

静かな幕開け

per-bruel-and-viggo-kjaer

シリコンバレーに伝説の「ガレージのオタク」が登場するはるか昔、デンマークにはテクノロジーに将来のビジョンをもつ若者たちがいました。それがPer V. BrüelとViggo Kjærです。Brüelは営業マン、そしてKjærは科学者でした。 色々な意味で2人は完璧なコンビでした。2人とも経済的な成功よりも、技術の進歩、科学、ソリューションに関する共通目標を掲げることに断固として打ち込みました。2人は、優れた技術があれば、金銭的報酬はついてくるものだということを知っていたからです。

デンマーク史上最も暗い年とも言われる1942年、2人は音響振動測定に専心する会社を創立しました。当時、友人や先輩などからは「そのような会社では2人とも生計を立てていくことはできない」と言われていました。しかし今日、ブリュエル・ケアーは世界中に1100名以上の社員を擁しています。

緑色の塗装 – 余ったペンキがシンボルへ

第二次世界大戦中に起業したため、創業者たちは、様々な部品やワイヤの切れ端を探し回りました。機器のケースを塗装するのには、アーミーグリーンの塗料が残っているのを見つけたのです。それから70年経った現在もブリュエル・ケアーの機器は緑色の計測器としてお馴染みです。

以下、ブリュエル・ケアー”グリーン”がたどった主なマイルストーンをご紹介します。


ブリュエル・ケアーの沿革

1942

License to trade 1942

Per V. BrüelとViggo Kjærが会社を創立し、事業許可を取得。

1943

Hand drawing of the world's first piezoelectric accelerometer

世界初の4301型 圧電型加速度ピックアップを開発。

1948

現在の本社所在地であるデンマーク Nærumへ移転。

1949

Type 2301 level recorder

歴史に名を残す2301型 レベルレコーダが発表され、以後25年以上にわたるベストセラー商品となる。

1958

グローバル展開を開始。米国に営業所を設立した後、20年の間に欧州、中東、アジア、アフリカに営業所を設立。

1958

Brüel & Kjær's first condenser measurement microphones

最初の計測用コンデンサマイクロホンを生産し、業界全体の標準となる。

1960

Type 2203, the world’s first hand-held and transistorized sound level meter

世界で初めて、トランジスタを用いたハンドヘルドの2203型 騒音計を発売。その後何年もわたって新機能が追加され、最終的に世界で3万2000台以上が販売される。

1962

熟練パイロットであったPer V. Brüelがブリュエル・ケアー・エアウェイズを設立。会社が所有、運航する飛行機隊は、タイ、米国、エジプトなどの遠方をはじめとする世界中に、商品の輸送や顧客訪問するために使用された。Per Brüel自身もよくパイロットを務めた。

A small fleet of Brüel & Kjær owned and operated planes were used to deliver goods and to visit customers

1966

The world’s first airport-noise monitoring system in Toulouse, France

世界初の空港騒音モニタリングシステムをフランスのトゥールーズに設置。

1977

The world’s first digital filter analyzer, Type 2131

1/1、1/3オクターブ周波数分析をリアルタイムに実行、表示するために設計された世界初の2131型 デジタルフィルタ分析器を発売。

1980

中華人民共和国にサービスセンターを設立した欧米電子機器会社となる。

1981

100万個目の製品製造を祝う。

1981

Debut of the world’s first commercial sound-intensity analyzing system

音響エネルギー流の大きさだけでなく、方向も計測できる、世界初の商用音響インテンシティ分析システムを発売。

1983

Type 2231, the world’s first modular sound level meter

世界初のモジュラー型騒音計、2231型 騒音計を発売し、最適化されたアプリケーションにより、使用範囲が大幅に拡大した。

1986

音場の完全なモデル化を実現する、世界初の商用音響ホログラフィシステム(音場の空間変換:STSF)を導入。

1991

Brüel & Kjær commisioned to operate the Danish Primary Laboratory of Acoustics (DPLA)

デンマーク政府より、デンマーク工科大学と共同でデンマーク音響中央研究所(Danish Primary Laboratory of Acoustics:DPLA)の運営を委託される。

1996

ブリュエル・ケアーの基幹分析器である、Windows®ベースのマルチ分析システム、PULSE TMシステムを発表。PULSEには、エンジニアが分析結果を画面上でリアルタイムにモニタしながら、すべての必要な分析を同時に実行できるマルチ分析という画期的なコンセプトが取り入れられた。PULSEプラットフォームはその後も進化を続け、現在は柔軟なソフトウェア、ハードウェアの総合パッケージとなった。(モジュラー型データ収集ハードウェアLAN-XI、PULSE Reflexを含む)

PULSE analyzer solutions introduced in 1996

1997

The world’s first hand-held sound intensity system, Type 2260-E

世界初のハンドヘ ルドの音響インテンシティ計測システム、2260-E型を発表し、音源の同定と音響パワー計測を可能に。

2004

Launch of the hand-held analyzer Type 2250

世界初のカラータッチスクリーン騒音計、2250型 ハンドヘルドアナライザを発売。

2004

世界初のフラットサーフェスマイクロホンをAirbus社との協力の下で開発。スペースの限られた場所や、従来のマイクロホンとプリアンプの組み合わせではフラッシュマウントできなかったり、不適切なサイドエフェクトを引き起こしたりする場合に音圧(騒音)を計測することを目的とした。

The world’s first flat surface microphone

2008

In 2004 Brüel & Kjær acquires LDS Test and Measurement

 LDS Test and Measurement社を取得し、振動試験ソリューションを製品群に追加。

2009

In 2009 brüel & Kjær acquires the Australian company Lochard Ltd

オーストラリアのLochard社を取得。これにより、環境マネジメントソリューションの事業を拡大。

2009

The world's first Multi-Field Microphone Type 4961

自由音場、拡散音場、その混合の音場で精度の高い測定を実施することができる世界初のマルチフィールドマイクロホンを4961型をリリース。

2013

Sonoscout, a first tablet-based application for in-vehicle noise and vibration data recording.

車内騒音振動データレコーディング用の世界初のタブレットベースアプリケーションSonoscoutを発表。

2013

1度の測定と1度の計算で全ての周波数領域をカバーする、世界初のワイドバンドホログラフィをリリース。

ご質問がおありですか?

こちらのフォームを埋めてください。ブリュエル・ケアーから回答をご連絡いたします。すでにお使いの機器に関するご質問の場合は、サポートリクエストフォームからお問合せください。

I would like to
*
お問合せ詳細
*
お名前:
My name is
*
I am from
*
会社名:
My Company is
*
市区町村:
*
都道府県:
お電話番号:
My phone no. is
*
Eメールアドレス:
My email is
*