8490-B型

BK Connect 次数比分析アプレット

この次数比分析アプレットには、データ収集からレポート作成に至るまでに必要なすべてのBK Connectツールが含まれています

見積もり依頼

BK Connect 次数比分析アプレットは、回転や往復動機械の固有の不安定性や不均衡に起因するパターンを検出するために音響振動データの次数比分析を実行する専用ツールです。本ソフトウェアは、セットアップで予め定義された2つの異なるスタイルの分析を使用して記録された生の時間信号を分析します。セットアップには、FFTベースとデジタルリサンプリングされた真の次数比分析の両方が含まれ、タスク固有の分析プロパティに合わせて調整することができます。 

使用事例

  • 航空機、自動車エンジン、パワートレイン、ポンプなどの往復動および回転機械の研究
  • ベンチマークなどのNVH(騒音・振動・ハーシュネス)の試験
  • タービン、洗濯機、ファンなどの製品の騒音発生源を特定するために回転振動と構造振動を分離する
  • 車両またはエンジン回転数掃引(ランアップ/ダウン)時の臨界速度および共振の決定
  • コンプレッサーや電動機などの機械のグニチャー解析の実行

特徴

BK Connectのインターフェースと製品構造は、開発プロセス全体を通じてユーザーの役割を中心テーマとして設計されました。 BK Connectアプレットはオペレータロールに焦点を当て、使いやすいワンクリックインターフェースを介して、特定のタスクや繰り返しのあるタスクを実行できます。

機能

  • 周波数領域スペクトルに基づく次数比分析 
  • Microsoft® PowerPoint®でレポート作成、および、Microsoft® Excel®にエクスポート
  • 定常および非定常セットアップ 
  • グラフィカルな次数抽出ツール

シンプルなレコーダーとリアルタイムモニターの完全なセットをご利用いただけます。本製品はBK Connect製品なので、取得したデータをBK Connectのフルシステムと共有して利用でき、すべての標準BK Connectメタデータ属性にアクセスできます。結果マトリクスは、現在のプロジェクトから、またはデータベースに格納されたすべてのデータを確認するためにも利用できます。 

このアプレットは、単一チャンネルの3161型から12チャンネルの3053型、または、3676型LAN-XI Lightまで、任意の単一の LAN-XIモジュールとペアにすることができます。追加のモジュールを追加するには、BK Connectのフルライセンスにアップグレードする必要があります。