7788型

屋外車両通過騒音ソフトウェア

ISO規格の要件に準拠する屋外でのパスバイ騒音試験を行い、車外騒音を車両で測定された音源と相関させます。

見積もり依頼

このPULSEソフトウェアは車両がトラック脇のマイクロホン前を通過する際の車外騒音エミッションを測定します。このソフトウェアは2台のデータ収集ユニットと共に動作します。1台はマイクロホン側にあり、もう一方は車両内にPCと一緒にあります。試験走行後、このソフトウェアは車両内のPCに両データを収集し、GPSタイムスタンプを使用して二つのデータセットを同期します。

ソフトウェアの最適化された制御インターフェースには、車両内で一人で簡単に操作できるように大きなボタンが設定されています。対象車両やエンジン回転数などが正しい手順に従うように、インターフェースには暗騒音、気象パラメータ、車速とエンジン回転数情報が表示されます。予備試験機能は、試験のために正しい侵入速度とギアを選択するのに役立ちます。試験走行後、ソフトウェアはその結果の概要を表示します。パスバイ測定の結果が計算され、表示され、車両側のデータ収集ユニットのPCに保存されるので、車内で即座に確認できます。別のタブレットを使用してこのデータを表示することもできるので、運転手に便利です。

使用事例

  • 部品サプライヤーおよび車両メーカーによる騒音源寄与の評価 
  • 同じトラック上の複数の車両をランダムな順序で試験
  • 1人で試験操作可能 
  • 二輪車のテスト 
  • UN/ ECE規制のための自動車通過騒音レベルの正式申告

ソフトウェアは、車外騒音データを車両データと統合します。車両データには、RPMのように車載診断システムから得られるもの、レーダーやGPSを用いて得られる車速が挙げられます。また、ソフトウェアは、マイクロホンや加速度ピックアップを使用して車載で測定された音と振動のデータを組み込むこともできます。これにより、ISOパスバイスタンダード位置の車外騒音を車載測定と正確に相関させ、スペクトルとレベルを比較することができます。

複数車両

両ステーションの測定データは、WiFi経由で各テスト実行後に自動的にマージできます。データは記録されており、2台のPCのそれぞれのデータセットはいつでも同期させることができ、厳しい無線伝送条件下でも高品質のテスト結果を保証します。これにより、トラック側のセットアップを共有し、各車に車載データ収集ユニットを搭載することで複数の車両を走行させることができ、テストトラックを最大限使用できます。

機能 

  • ISO 362:1998、ISO 362-1:2012の規格要件に準拠したM型(軽量自動車)およびN型(トラック)カテゴリ車両の道路運送車両の加速通過騒音試験、ISO 362-2:2012の規格に準拠したL型カテゴリ車(二輪車)の道路運送車両の加速通過騒音試験
  • ISO 3325(タイヤ)およびISO 5130(排気騒音)の規格要件に準拠する車外騒音
  • UN / ECE R51.03(MおよびNカテゴリの車両の騒音放出)、UN / ECE R41.04(Lカテゴリーの騒音(オートバイ)およびUN / ECE R117(タイヤの騒音))などのISO試験手順に準拠した規制への適合)