8405-F型(8705型、7702型、BZ-5277 後継)

BK Connect 次数トラッキング

高度な次数比分析の実施 - 騒音振動の信号を回転や往復運動する機械部品の回転数に関連付けます

見積もり依頼

このBK Connectのオプションは、音響振動信号の次数比分析を行い、回転または往復機械が元来有する不安定性や不均衡に起因する音響振動のパターンを検出します。本ソフトウェアを用いて、音響振動のデータを可動部品の回転に関連付けることにより、エンジニアが騒音源を見つける手助けとなります。

高度な機能

このオプションを使用すると、高度な処理とトラッキングされたリサンプリングが可能です。この計算ツールは、8405-E型スペクトルベースの次数比分析と併せて、高次と高速スイープの高精度分析に推奨されます。

使用事例

  • ギアボックス、動力分配装置、差動装置、パワートレイン、タービン、航空機エンジンなどの回転機械における、高次や高速スイープの高精度でリーケージのない解析
  • プロトタイプにおける純音成分の音質問題の根本原因分析
  • 騒音源特定のため、製品の回転起因と構造起因の騒音振動の分離
  • 車両またはエンジン回転数掃引(ランアップ/ダウン)時の臨界速度および共振の特定 
  • ベンチマークなどのNVH(騒音・振動・ハーシュネス)の試験

高い次数、スルーレートの分析において、RPM範囲が広く、次数が十分に分離されていない場合、次数比分析には振動信号をRPM基準に関連付けるトラッキングが必要です。このソフトウェアは、音響振動データを比較するための基準として、タコ信号の使用をサポートしています。Autotracker機能により、測定された振動信号から直接回転を抽出することもできます。時刻歴データは、所定のタコメータ信号から得られる瞬時RPM値に従ってリサンプリングされます。

機能

このオプションを使用すると、トラッキングされたリサンプリングを使用して以下の処理が可能になります:

  • 時刻歴データの自動処理
  • 複数の収録に対する強力なバッチ処理
  • 次数スペクトル、次数 vs RPM
  • グラフィカルな次数抽出ツール
  • タコメータドロップアウト/擬似パルス補正
  • タコメータ補修:平滑化とパルス脱落、または複数のパルス補正
  • AutotrackerはRPMと速度プロファイルからタコメータのパルス列合成を行います

特徴

  • グラフィカルなドラッグアンドドロップ分析プロセスチェーン
    BK Connectにおけるすべての分析には、ポスト分析処理を設定するためにグラフィカルプロセスチェーンコンセプトが採用されています。これには、結果のフィルタリング、分析、表示および保存のための各種エレメントが含まれます。これらのエレメントはそれぞれ設定できます。プロセスチェーンをファイルにエクスポートしてEメールで送信することができるので、他の人は定義済みの標準化された処理を繰り返し使用できます。
  • 自動化された処理
    BK Connectは、インポートされた複数のデータをシーケンスまたはパラレルに分析するバッチ処理を実行し、生産性を最大限に高めることができます。時刻歴データは、ネットワークドライブから自動的にインポートすることもできます。さらに、自動レポート作成のオプションもあります。

前提条件