7765型

実稼動振動形状(ODS)テストコンサルタント

実稼働モードシェイプ解析用の構造データの取得と解析のためのPULSEソフトウェア

見積もり依頼

このPULSE LabShopソフトウェアは実稼動振動形状(ODS)の測定をコントロールします。時刻歴データのセットアップ、取得および解析をサポートします。加速度ピックアップを用いて取得された振動信号から、実稼動条件下での構造体の振動パターン、つまり、構造体に作用する力に対する動的特性を測定します。

利用可能なODSタイプ

特定の周波数範囲の構造振動解析用の時間ODSは、時間の関数として表されます。
• 特定周波数の構造振動を解析するための周波数(または静止またははほぼ静止した条件下の次数コンポーネント)またはスペクトルODS
• 特定の次数コンポーネントの構造振動を回転速度の関数として分析するためのランニングオーダーとランニングモード(ランアップ/ランダウン)ODS

このソフトウェアは、PULSE Reflex実稼動振動形状ポスト処理ソフトウェアで使用するための時刻歴データも取得します。

使用事例

  • 海洋構造物への波浪荷重、建物への風荷重、橋脚への交通荷重の影響といった、制御不能な周囲からの力により荷重をかけられた土木建造物の試験
  • 実際の稼動条件下における航空機の翼、車体や稼働中の機械などといった、機械構造体の実際のモーダル性能を捕らえます。
  • 振動パターンを可視化し、車両構成要素や航空機構成要素における騒音、振動、乗り心地(NVH)の寄与を検出することができます。
  • 内部で大きな力が発生する回転機械や装置の分析

インターフェース

ODSテストコンサルタントは、ジオメトリドリブンの測定セットアップを使用し、測定内容はディスプレイにグラフィカルに表示される試験対象物とリンクします。各自由度(DOF)はこのジオメトリに関連付けられ、すべてのチャンネルのステータスがディスプレイに表示され、オーバーロードを含むレベル情報が表示されます。試験対象がPCから離れている可能性があるため、音によりセットアップと測定中のエラーが通知されます。測定後、アニメーション表示により、試験設定を検証し、モードシェイプの予備調査を行うことができます。

機能

  • 収録された時間歴データに基づいたリアルタイム解析またはポスト解析
  • 構造解析ポスト処理パッケージにジオメトリ、測定データおよびDOF情報をエクスポート
  • 比率ベースの位相付きスペクトル(PAS)は複数のデータセットを使用して平均ODSを提供します。
  • 多点参照をサポートし、タコメータを基準として使用することもできます。
  • タコ信号のコンディショニングのためのグラフィカルなタコセットアップ 
  • 測定信号から基本周波数を直接抽出するためのオートトラッキング機能
  • ジオメトリを事前定義せずODS時刻歴データ記録 - ジオメトリを後で紐づけすることが可能 
  • 周波数応答関数(FRF)アニメーションのシングル、オーバーレイ、差分およびサイドバイサイド表示

追加機能

  • BK Connect 実稼動振動形状(ODS)解析 でシェイプ抽出とアニメーションのために、より強力なジオメトリ機能を使用
  • BZ‐5613 アニメーションオプションで時間ODSアニメーションを取得