8601-S型

発生源経路寄与解析再生ソフトウェア - Insight

騒音、振動、ハーシュネス(NVH)発生源経路解析データやCAE解析データを再生し、それらの相互作用を見るために使用できます

見積もり依頼

このPULSEソフトウェアは収録された騒音、振動、ハーシュネス(NVH)の寄与データに関するエンジニアリング作業のための直感的なインターフェースを提供します。選択した時刻歴の個々の発生源と経路を再生して聴き、エンジニアリングの変更をシミュレートするためにフィルタを適用できます。設計ファイルからのCAEデータと実世界のデータを組み合わせることができるので、新しいプレプロトタイプの設計で非常に現実的なシナリオを体験することができます。 

使用事例

  • ベンチマーク車両の測定から発信源経路寄与(SPC)や伝達経路解析(TPA)のデータを調査する 
  • 特定の設計変更や差分モデリングの結果をシミュレート 
  • 車両、船舶、航空機客室の実際や仮想の騒音、振動、ハーシュネス(NVH)を聴く
  • CAEデータを試験データと統合し、新しいコンポーネント設計をシミュレート

このソフトウェアは、分解された車両NVHのデータをシンプルにツリー状の構造で提示します。全ての空気伝搬の音源や構造伝搬の振動源を選択することができ、そこから段階的に掘り下げていくことができます。このようにして個々の音源と経路のレベルまでトレースできます。音源と寄与は時間領域データ、経路の感度関数は周波数領域データです。これらを聴き、フィルタを使用して変更し、自在に選択、解除できるので、特定のコンポーネントなしなど任意の組み合わせやバリエーションで車両の騒音を聴き、分析できます。 

CAEおよび試験データミックス

ソフトウェアは、リアルタイムで騒音を総合的にシミュレートし、多様なソースからのデータを取り込むことができます。ここには、特にCAE Auditionerと組み合わせて使用する、CAE解析データが含まれます。 

機能 

  • 複数の寄与を同時に、グループまたは個別で再生することができ、再生中にオン/オフを切り替えることができます
  • 異なる車両や設計代替案を瞬時に切り替えて比較
  • ハイパス、ローパス、ノッチ、ユーザー定義FIRなどを含む総合フィルタのセットが含まれています 
  • リアルタイムおよびオフラインでソースレベル、経路感度と寄与スペクトルを表示
  • データセットは、時間、RPMと速度を含む様々なパラメータに同期させることができます

追加機能 

  •  8601-X型 CAE Auditionerを追加することにより簡単かつ迅速にCAEファイルからデータを統合することができます
  • 車両NVHシミュレータは このInsightソフトウェアの再生機能をアップグレードし、完全にインタラクティブな運転時のNVHシミュレーションを提供します。