3057型

3チャンネル 102.4 kHzブリッジ入力モジュール

ブリッジタイプのトランスデューサを使用する高周波アプリケーション向けに設計されています。

見積もり依頼

3057型 LAN-XIモジュールは、ブリッジタイプのトランスデューサを使用する高周波アプリケーションを特に対象としています。

3057-B-030型 ブリッジモジュールは、PULSE Reflex™で使用できる3チャンネルの102.4 kHz LAN-XIモジュールで、ピエゾ抵抗型および可変容量式加速度ピックアップと圧力センサーを使用したダイナミックブリッジ測定向けに設計されています。

使用事例

  • 高周波の音と振動の測定
  • 高エネルギー衝撃測定
  • 衝撃試験およびパイロショック試験(衛星および発射装置)
  • 振動試験(ガスタービンのブレード共振)
  • 圧力試験(風洞またはガスタービン、飛行試験)
  • 音圧試験(風洞、マイクロホンまたは圧力センサーの使用)
  • ひずみゲージの測定
  • PULSE Reflexの測定フロントエンドモジュール
  • シングルモジュール測定
  • マルチモジュール測定/分散システム

このモジュールは、ひずみゲージ、フルブリッジ、ハーフブリッジ、クォータブリッジ、力、圧力、トルクセンサーなどのひずみゲージを原理とするトランスデューサもサポートしています。電圧入力とCCLDトランスデューサもサポートされています。

独自のDyn-X技術は、入力レンジ調節を不要とし、高エネルギーの衝撃を測定する際のオーバーロードを回避します。

LAN-XIブリッジモジュールは、航空宇宙 および防衛業界における動的測定を主に対象としており、衝撃試験、パイロショック試験、振動試験、圧力試験、音圧試験などの典型的な測定用途をサポートします。しかし、ブリッジトランスデューサは、幅広い業界の多くのアプリケーションで使用されています。例えば、自動車のNVH計測では、ブレーキペダル力、ブレーキキャリパー圧力などを測定するためにブリッジトランスデューサが使用されています。

汎用性豊かな3057-B-030型は、ほぼすべての種類のトランスデューサをサポートするので、一つのモジュールで幅広い測定タスクを実行することを希望するお客様にとって理想的なモジュールです。