3160型

信号発生機モジュール

入力チャンネルと信号発生機出力チャンネルの両方を備えた、スタンドアロンの試験システムです。モード解析やオーディオ試験など、システムの加振を必要とするアプリケーションに最適です。

見積もり依頼

入力チャンネルと信号発振器出力チャンネルの両方を備えており、スタンドアロンの試験システムとして使用できです。システムの加振を必要とするアプリケーション、例えばモード解析やオーディオ試験などに最適です。

3160型は2ch入力/2ch出力と4ch入力/2ch出力の二つのタイプがあります。すべての入力および出力チャンネルの周波数範囲は DC から 51.2 kHz です。

仕様事例

  • 一般的な音響、振動計測 
  • 信号発生機によるシステムの加振 
  • オーディオや電気音響の測定 
  • PULSE Labshopの測定フロントエンド 
  • 7708型 データレコーダのフロントエンド 
  • モジュール単体で計測
  • 複数のモジュール、分散配置で使用 
  • PCなしのスタンドアロン レコーダとして使用(LAN-XI Notar™)
  • Sonoscoutの無線フロントエンド

3160型は、モジュール単体でも複数のモジュールを組み合わせてでも使用できます。また、フロントパネルを交換可能であるため様々なトランスデューサを使用でき、幅広い用途に対応します。