3160型

発振器モジュール

オーディオおよび電気音響試験アプリケーションなど、システムの励起が必要なアプリケーション向けに設計されています。

見積もり依頼

入力 と発振器出力を組み合わせることで、完全なスタンドアローン分析器テストシステムを構築します。 このモジュールは、 オーディオおよび電気音響試験アプリケーションなど、 システム励起が必要な アプリケーションに適しています。

3160型には、2入力/2出力および4入力/2出力のいずれかが選べる2つの基本モデルが用意されています。 すべての入出力チャンネルの周波数範囲は、DC から 51.2 kHz です。

使用事例

  • 一般的なサウンドと振動計測
  • 音響振動測定用システム励起用発振器出力チャンネル
  • オーディオおよび電気音響測定に最適
  • PULSE測定と分析ソフトウェア用測定フロントエンドモジュール
  • PCベースのデータレコーダータイプ7708用フロントエンド
  • シングルモジュール測定
  • マルチモジュール測定/分散システム
  • LAN-XI Notar™ソフトウェアを使用したスタンドアローン録音(PCレス)
  • Sonoscout用ワイヤレス フロントエンド

3160型は、シングルモジュール試験システム、または大規模なLAN-XI測定システムの一部として同様に機能します。入力と出力チャンネルの組み合わせにより、最も汎用性の高いデータ収集モジュールの1つとなり、 交換可能なフロントパネルは、幅広いトランスデューサを 柔軟に使用できます。

その他:LAN-XI オープン API (アプリケーション プロトコル インターフェイス) は、ユーザー所有(またはサードパーティ製の)ソフトウェアで LAN-XI データ収集ハードウェアをプログラムするプラットフォームに依存しない軽量のインターフェイスです。