3161型

1チャンネル入力 1チャンネル出力 204.8 kHzモジュール

トランスデューサの校正や、水中での防衛関連用途などでの高周波数計測に特化して設計されています。

見積もり依頼

3161型 LAN-XIモジュールはトランスデューサの校正や、水中での防衛関連用途などでの高周波数計測に特化して設計されています。

このモジュールには1ch入力と1ch出力端子が備えられています。入出力どちらも、DCから204.8 kHzの周波数範囲をカバーしています。

使用事例

  • 高周波の音響振動計測
  • 水中音響
  • 高エネルギー インパクトの計測
  • トランスデューサ校正などのための高周波数信号発生機出力チャンネル
  • PULSE 計測分析ソフトウェア用フロントエンドモジュール
  • PCベースの7708型 Time Data Recorder用フロントエンド
  • 1モジュールでの計測
  • マルチモジュールでの計測や分散配置システム
  • LAN-XI Notarを用いたスタンドアロンレコーディング(PC不要)

入力コネクタ(電圧/ CCLD、200 V、チャージ)をフロントパネル(UA-2117-011)に複数備え、実質的にはほとんどのマイクロホン、加速度ピックアップ、そして8103, 04, 05, 06型 ハイドロホンなどを直接接続することができます。

独自のDyn-X技術を採用したことで、入力レンジの切り替えは不要となり、高エネルギーの衝撃を計測する際のオーバーロードも防ぐことができます。

信号発生機出力は204.8 kHzまで拡張され、トランスデューサーの校正用途で周波数逓倍器を別途用意する必要もありません。

入力信号のモニタ用アウトプットのためにBNCコネクタが備えられ、PULSEと並行して別のシステムに同じ信号を入力することができます。