LDS V8900

高出力加振機

高い転倒モーメントを有する空冷式動電型加振機。 大型デバイスに対する高出力振動試験や衝撃試験のために、80 kNの加振力を備えています。航空宇宙/防衛/自動車産業に最適です。

見積もり依頼

LDS® V8900 高出力加振機は、比類のない汎用性とテスト能力を提供するように設計されています。高出力、大変位、広い周波数範囲、最大3 kN·mの転倒モーメントを組み合わせることで、難易度が高いペイロードや不均衡なペイロードを、小さいペイロードと同様に試験することができます。正弦波、ランダム、および過渡加振での試験だけではなく、高加速度衝撃試験にも適しています。

使用事例

  • 完全な衛星システムの3軸加振試験
  • ペイロード特性評価のための非常に低い振動レベルでの試験
  • 大きなペイロードに対する低周波、大変位試験
  • 航空電子工学と軍用機材に対する耐久性テスト
  • 自動車製品に対する異音テスト
  • 拡張振動試験

特性

V8900は、最大800 kgのペイロードをサポートし、最大80 kNの正弦波加振を出力し、空冷のすべての利点を備えた水冷式加振機の機能を備えています。信頼性が高く、保守の頻度が低く、設置と操作が比較的容易なため、経済的で品質を損なうことなく最大効率を提供します。

衝撃試験と低周波試験の強化のため、V8900には最大変位が101.6 mmのロングストロークが搭載されています。5〜3000 Hzの周波数範囲は、長期間の振動試験に適しており、小型の部品を対象とした試験にも適しています。

この最先端の設計により、偏心重心を持つペイロードの試験時でさえも、加振機が最大の性能を発揮することを可能とします。静圧ベアリング技術の搭載により、加振機の剛性を高め、最大3 kN·mの高い転倒モーメントを実現し、ガイド付きヘッドエキスパンダを必要とせずに、大型や複雑なペイロードに対する安定性を高めます。これにより、交換する摩耗したローラーやたわみがないため、保守の必要性が減り、コストのかかるダウンタイムが最小限に抑えられます。

可動部の電気式、非光学式かつ非接触式のセンタリングシステムは、試験環境での埃や温度変動が精度に影響を及ぼさないため、最小限のメンテナンスかつ試験を中断することなく、正確な可動部のガイダンスを供給します。

空冷により、水冷プラントに電力を供給し維持する必要がなくなり、V8900システムのランニングコストが削減されます。加振機には操作が簡単で直観的なユーザーインターフェースが用意されており、簡単な操作機能と使用率フィードバックデータも備えています。

Sine force peak
80 kN
Max random force RMS
76.2 kN
Max acceleration sine peak
100 g
Velocity sine peak
1.8 m/s
Displacement continous pk-pk
101.6 mm
Moving element mass
80 kg
Usable frequency range
5 Hz - 3 kHz

Upcoming courses and webinars

1/2 heure Evaluez facilement les niveaux de bruit au poste de travail フランス語 18 Dec 2019 Gratuit Read more
45 Minutes Selection and use of measurement microphones 英語 09 Jan 2020 Free Read more
1日 BK Connectトレーニング 大阪(新大阪) 15 Jan 2020 30,000円(税別) Read more