モーダル加振機の概要

入力信号(力)の測定は、モーダル試験を成功させるための重要な項目です。質量に対して高い加振力を備えた加振機は、迅速なセットアップとベストなモーダル試験性能を確保するために開発されています。これは高品質の実験モードモデルのために不可欠であり、正しい加振機を選択することが必須です。

実験モード解析のためのモデルの品質は、選択した入出力間で測定された周波数応答関数(FRF)の品質に比例します。多くの実験主義者の考えとは対照的に、入力信号(または力)の測定は、モーダル試験を成功させるための重要な側面の一つです。

ここで発生したエラーは個々のFRFの測定に影響を与えるだけでなく、通常これらのエラーは隠れているため、視覚的に検出することは困難です。もっとも、出力(または振動)測定では異なります。

したがって、正確で信頼性の高い力の測定結果を得ることは重要な課題であり、試験セットアップ時にいくつかの問題を考慮する必要があります。精密なモーダル試験のセットアップで一つまたは複数の加振機を選択肢として考える場合、次の課題があります。

  • 加振機のための最適な加振点を選択する
  • 試験対象のデバイス(DUT)と加振機間の相互作用を最小化する
  • 動的な力レベルを分散し、最小限に抑える
  • 低周波におけるエネルギー入力が十分であることを保証する

モーダル試験における実用的な長年の経験に基づき、ブリュエル・ケアーの高い力重量比のモーダル加振機は特にこれらの問題に対処するために開発され、最速のセットアップで最高のモーダル試験の性能を確保できます。100~1000 Nの正弦加振力と最高変位50.8 mmの性能に加え、マグネシウムアーマチャーには簡単な操作を可能にするスルーホールデザインのテンションワイヤースティンガーが搭載されています。また、いくつかのモデルでは希土類磁石の技術が取り込まれているので、この堅牢な加振機シリーズは非常に困難なモーダル試験のアプリケーションにも適しています。オプションの、スティンガープレテンション用内蔵電気制御システムにより、完全に自由な加振機の位置と方向を可能にします。これは、優れたテンションワイヤースティンガー技術の使用を可能にするため、外部の機械的なプレテンションを必要としません。

様々な専用アクセサリ一式を利用することで、比類のない高精度と簡単なセットアップを実現します。当社の製品には、力変換器、インピーダンスヘッド、簡単に水平に設置するための横方向の加振機スタンドと数々のスティンガーが含まれます。また、プッシュプルスチールロッドおよび取り付け方法が異なる様々なテンションワイヤースティンガーをご利用いただけます。これには、プッシュプルロッドの迅速な取り付け、取り外しのための新しいスナップでとめるアクセサリが含まれています。

ブリュエル・ケアーのモーダル加振機の製品ライン:

  • 100~1000 Nの加振力
  • 堅牢で最適なパワーアンプのラインナップ
  • マグネシウム製で軽量かつ剛性の高い稼働部
  • 質量に対して高い加振力。希土類磁石技術に基づいた独自設計によるもの。
  • 簡単にテンションワイヤースティンガーを組み込む機能
  • 最大変位50.8 mm(Peak to Peak)。低周波数帯での性能を向上。
  • プッシュプルロッド、テンションワイヤースティンガー、トラニオン、横方向の加振機スタンド、プレテンションスティンガー用電気制御システムなど、モーダル試験の成功を保証するための幅広いアクセサリ

こちらのフォームを埋めてください。ブリュエル・ケアーから回答をご連絡いたします。すでにお使いの機器に関するご質問の場合は、サポートリクエストフォームからお問合せください。

I would like to
My name is
I am from
My Company is
My phone no. is
My email is