LDS Laser USB

振動コントローラ

4から16の入力チャンネルをサポートする振動コントローラ。利便性、性能、柔軟性そして安全性を兼ね備え、各種実験室での試験に適応します。ランダム、掃引正弦波、従来型ショック、共振点探査、追跡、ドウェルなど多種多様の試験プロファイルが可能です。

見積もり依頼

加振機の駆動信号を生成し、データの測定を実行するように設計されたLDS® LASERUSBコントローラは 自動車、軍用車両、および地上交通機関の振動や疲労試験のシミュレーションを実行するためにR&Dや製造試験で使用されます。困難な試験に対応する正確な制御を提供するために、幅広いダイナミックレンジ制御をもつ24ビットの精度と高速ループを兼ね備えています。

使用事例

  • ランダム、正弦および衝撃試験
  • 掃引正弦試験
  • 共振点探査、トラック、ドウェル(RSTD)
  • ランダム-オン-ランダムおよびサイン-オン-ランダム試験
  • 衝撃応答スペクトル(SRS)の合成
  • 疲労試験
  • 尖度パラメータ制御
  • 時間波形再現(TWR)
  • MIL-STD、DIN、ISO、IECおよびその他規格に対応した振動試験

特徴

コントローラモジュールとWindows®ベースのアプリケーションソフトウェアを含むLASERUSBは柔軟で信頼性が高く、インストール、操作も簡単です。ランダムおよび正弦波励振からSRS合成および時間波形再現まで、振動制御および分析アプリケーションの包括的なパッケージで構成することができます。

コントローラモジュールは、独立して、ホストPCのリアルタイム制御ループのオペレーションを処理するので、ユーザーは同時にデータを分析し、試験レポートを作成することができます。全ての入力と出力でプログラム可能な電圧範囲と24ビットの分解能を備えているので、 最大120 dBFSのダイナミックレンジを提供し、困難な複雑な構造や備品を正確に制御できます。

迅速なループ時間(正弦では10ミリ秒、ランダム加振では100ミリ秒)は迅速な試験荷重の平準化を可能にし、試験中の信頼性を向上させます。さらに、LASERUSBには20以上の自動安全チェックとインターロック、および特別な疲労モニタが統合されているので、試験対象と加振機が保護されます。

標準コントローラには、4つの入力チャンネルが搭載されていますが、多点制御または分析シナリオのために最大16チャンネルまで拡張することができます。オプションの恒温槽インターフェースは環境試験設備の制御システムとLASERUSBを統合するために追加できます。