BZ-7133

2250 Light用のロギングオプション

2250 Lightのオプションモジュールは広帯域のパラメータや統計情報を自由に選択して、記録することが可能です。

見積もり依頼

 BZ-7131 またはBZ-7132  周波数分析ソフトウェアがインストールされていれば、ロギングアプリケーションはスペクトルをログすることもできます。測定中にマーカーと注釈をプロファイルに追加することができます。 信号収録オプション BZ-7226 をインストールすると、イベント発生時に信号を収録できます。

使用事例

  •  2250-S型2270-S型および 2250 Light サウンドレベルメータによる環境騒音モニタリング
  • 苦情調査
  • 労働衛生評価

各種の広帯域、統計情報とスペクトルデータを収集し、ポスト処理の前に必要な全てのパラメータを取得できます。

 (トリガー条件を使用した)自動設定または(タッチスクリーンまたはプッシュボタンを使用した)手動設定できるユーザー定義のマーカーを5個までサポートしているため、ポスト処理時に簡単に騒音の高い、または異常なプロファイルセクションを見つけ、評価できます。

測定中いつでもディスプレイプロファイルを「フリーズ」、または以前のセクションに移動できるので、データ詳細を見て、測定進行中に注釈を追加することができます。

機能

  • 二つの期間の広帯域パラメータ、統計およびスペクトルのロギング
  • 1秒から24時間のユーザー定義された期間(ユーザーが選択したデータ)
  • 100 msの期間(LAeq、 LAF、LASのみ)とLAFの10 msロギング
  • 総測定時間とズーム時間ウィンドウの二つのプロファイル表示
  • プロファイルディスプレイ上のマーカーと注釈
  • プロファイルに信号レコーディングを添付