BZ-7230

2250型、2270型用FFT分析アプリケーション

サウンドレベルメータをハンドヘルドのFFT(高速フーリエ変換)分析器に

見積もり依頼

アプリケーションのアルゴリズムは、デジタル時刻歴データのポスト処理を使用して狭帯域フィルタを適用する測定技術を採用しています。FFT分析はリアルタイムで行われます。 2250-S型および 2270-S型 サウンドレベルメータのトーンアセスメントオプションと併用すると、アプリケーションはその場で客観的な純音成分評価ができます。

使用事例

  • 音と振動のFFT分析
  • 機械のトラブルシューティング
  • 製品開発
  • 品質管理

最大6400のFFTラインを使用すると、広い周波数範囲および高解像度で測定を行うことができます。アプリケーションは、自動ピーク検出、最大値ホールドスペクトルやスペクトルをカスタム選択した参照スペクトルと比較するなどFFT測定を強化するための多くのユーティリティを提供します。

高解像度タッチスクリーンにより、簡単にズームイン、ズームアウト、スペクトルを見渡すことができます。デルタ、ハーモニックなどのカーソルは素早くスペクトルの性質を明らかにし、現場で複雑な分析を行えます。

狭帯域分析を使用して作用する力や共振を特定したり、次世代製品の基準を設定することができます。参照スペクトルを使用し、設計業務を繰り返す際に測定値を比較できます。

製造試験では最高10の公差ウィンドウを使用し、包括的な合否基準を定義できます。各基準は個々のFFTラインまたはその合計に基づきます。一度設定してしまえば、DC出力による簡単な合否メッセージはスマートで合理化された製造試験システムの一部となります。

主な機能は以下の通り:

  • 従来の1-2-5配列の100 Hzから20 kHzまでのスパン
  • 建築振動分析
  • 自動車コンポーネント分析
  • ズーム分析表示機能
  • 16 mHzまでの分解能
  • 高精度の周波数補正
  • 参照スペクトル表示
  • 前処理によるA、CとZ重み付け
  • ポスト処理によるA、CとZ重み付け
  • 過渡と連続信号
  • リニアおよび指数平均
  • 内部および外部トリガ
  • タコメータ機能
  • SI(メトリック)および英国/米国の単位で測定
  • ユニットスケーリング(RMS, Pwr, PSD, ESD, Peak, P-P)

 

Upcoming courses and webinars

1/2 heure Evaluez facilement les niveaux de bruit au poste de travail フランス語 18 Dec 2019 Gratuit Read more
45 Minutes Selection and use of measurement microphones 英語 09 Jan 2020 Free Read more
1日 BK Connectトレーニング 大阪(新大阪) 15 Jan 2020 30,000円(税別) Read more