BZ-7233

2270型用音響インテンシティソフトウェア

2270型 サウンドレベルメータで音響インテンシティを計測し、騒音源の位置、音響パワー測定およびノイズマッピングを行えるようにします。

見積もり依頼

この2270型用のサウンドメータソフトウェアは、通常、音響インテンシティプローブを使用してサウンドレベルを評価し、即時の結果を得るために使用されます。このシステムを使用すると、最初から最後まで容易に一人で音響インテンシティを測定できます。試験対象をスキャンすることにより、サウンドレベルメータのカラースクリーン上で騒音マップなどの音源探査の結果を表示できます。高度な騒音マッピングなどのさらなる分析のために、データをPCにエクスポートできます。

このソフトウェアと装置は、関連するすべてのIEC規格を満たしているので、ISO、ANSI、およびECMA規格準拠の測定を可能にします。

使用事例

  • ポンプや換気装置などの工業用製品の音響パワー評価と騒音マッピング
  • 側路伝搬経路の調査などの建築音響の評価
  • ラウドスピーカーキャビネットや白物家電などの電気音響デバイスと電化製品の音響インテンシティマッピング
  • 屋上の換気扇など、近づきにくい場所にある製品の騒音エミッションを現場で測定
  • EU機械指令に対する製品の騒音ラベルの測定

使用事例

測定中の自動計測ガイダンスと音声フィードバックにより、対象の測定面をスムーズにスキャンすることに集中できます。わかりやすい測定品質インジケータでデータの有効性を確認でき、測ったその場で使える結果を提供します。後から見てわかるように、データをPCにエクスポートした後でも、テキスト入力、音声コメント、本体のカメラで撮影した測定対象の写真を使用してメモを作成することができます。騒音源の強度を示す数値マップは測定対象の写真に重ね合わされ、音響インテンシティをコンターで表示します。

完全なキット - 2270-S型用ハンドヘルド音響インテンシティ計測システム

 2270-S型用ハンドヘルド音響インテンシティシステム にはハンドヘルドアナライザを収納する耐候性のキャリングケース、プローブ、プローブ用ウィンドスクリーン、ハンドル付き延長ロッド、4231型 音響校正器用のインテンシティアダプタ、メジャー、およびイヤホンが含まれています。ケースには、音響校正器、音響インテンシティ校正器、スペアバッテリーなどのオプションのアクセサリーも収納できます。

機能

  • バッテリー駆動式でポータブル、現場計測プロジェクト用に最適
  • 1/nオクターブ分析
  • ビジュアルデータマネージャにより測定値とデータを記録
  • データをマッピングソフトウェアにエクスポート
  • IEC 61043準拠の音響インテンシティ測定
  • ISO 9614-1、ISO 9614-2、ANSI S12.12、ECMA 160に準拠した音響パワー測定
  • 音響インテンシティプローブは、1/4インチまたは1/2インチのマイクロホンを使用可能
  • 結果の保存、レポート、エクスポート用ソフトウェア付属
  • 透過損失測定用発振器搭載
  • 独自の位相校正技術により、12 mmのマイクロホンスペーサーを使用して50 Hz〜10 kHzの測定が可能

追加機能

  • 測定の記録に役立つシグナルオプション
  • 騒音コンターマッピングのために7761型 Acoustic Test Consultantにエクスポート
  • 音響パワー計算のためにMicrosoft Excelにエクスポート