2270-S型

2チャンネルハンドヘルドアナライザ

2チャンネルのクラス1 騒音計には、基本的なパッケージアプリケーション、マイクロホンやプリアンプなど、正確な環境計測、労働環境計測、および研究開発用計測を実行するために必要なものが全て含まれています。

見積もり依頼

2270-S型はコンパクトで堅牢なクラス1型の認証された2チャンネルのサウンドレベルメータです。2250-S型と 2250-W型の全ての機能に加え、二つの独立したチャンネルという利点があります。これによりマイクロホンもしくは加速度ピックアップ2つまたは一つのマイクロホンと一つの加速度ピックアップで同時に測定できるので、測定時間を潜在的に半分にできます。

専用機能のアプリケーションを追加することにより、建築音響、FFT分析、トーン評価、音源探査、音響インテンシティ、工業用アプリケーションや振動測定など、あらゆる騒音振動評価業務の要件に合わせて機器の機能を拡張できます。

使用事例

  • 最新の国際規格に沿った汎用クラス1の音響測定
  • 音響インテンシティ測定
  • 音源探査
  • 多点測定
  • 労働安全衛生(OHS)騒音評価
  • 環境騒音評価とロギング
  • 製品の開発と品質管理
  • 音響振動のFFT分析
  • 建築音響、ラウドネス、騒音評価の測定
  • 1/3オクターブとFFT分析によるトーン評価
  • ISO 7196:1995およびANSI S1.42–2001 (R2011)に準拠する超低周波(G特性重み付け)測定

特徴

基本アプリケーションパッケージには、以下が含まれています:

これらの機器が備えた柔軟性により、アプリケーションやハードウェアを追加し標準のサウンドレベルメータの機能を超えた拡張が可能です。これには、OHS、建築音響、残響時間、FFT分析、振動、低周波解析さらには音響パワー、インテンシティ、音源探査アプリケーションが含まれます。

> 各種オプションアプリケーションソフトウェア詳細

追加機能 - 振動

この機器はサウンドレベルメータとしてだけでなく、適切な加速度ピックアップを追加することにより基本的な振動計として使用できます。さらにBZ-7234 拡張振動低周波数オプションを追加して高度な振動計として使用できます。この機器、アプリケーション、アクセサリーの組み合わせにより、ISO 8041:2005とDINに準拠する品質試験、検査、機械分析、トラブルシューティング、建築振動測定、低周波の建築振動測定およびメンテナンス、修理、オーバーホール(MRO)後の機器の健全性の分析など、振動計としてのあらゆる機能が可能になります。

> この機器を振動計として使用するための製品の説明