4206型

透過損失および音響管キット

騒音制御材の音響特性を測定するための完全な音響材料試験ハードウェアキット

見積もり依頼

これらのキットは、マイクロホンと音源を備えた精密な音響試験管で構成されています。材料サンプルを管に入れます。管内のスピーカーは正確に定量化された音を放射し、マイクロホンは、管の長さ方向に沿った特定の位置での音圧レベルを測定します。PULSEソフトウェアは、さまざまな測定位置間で測定された周波数応答関数に基づいて、材料の垂直入射音響特性を計算します。

このキットはISO 10534-2、ASTM E1050-10、ASTM E2611-09の各規格に適合した測定と計算を実行し、吸音率と表面インピーダンスの決定に役立ちます。

使用事例

  • 音響材料特性の特性評価と競合製品のベンチマーキングによる騒音制御製品の研究開発
  • 最適な音響処理と障壁を選択することにより、航空機と車内の快適さを設計
  • 材料が部品などの製品アセンブリに組み込まれる前の、特定材料特性の試験および材料の規制遵守の検証
  • 音響モデリングなどの計算方法の検証と校正

3種類の異なる音響試験管

当社のキットはそれぞれ特定のパラメータと方法に応じて最適化されています。

2マイクロホン伝達関数法:

  • 4206型 音響管キット(50 Hz~6.4 kHz)
  • 4206-A型 音響管キット(100 Hz〜3.2 kHz)

4マイクロホン伝達関数法:

  • 4206-T型 透過損失管キット(50 Hz - 6.4 kHz)

各キットの詳細については、製品データを参照してください。

材料特性

材料による空気伝搬音の吸収や空気伝搬音透過の低減を目的にする場合でも、音響設計士や音響専門家は音響材料の影響を把握する必要があります。材料サンプルやクーポンテストは迅速かつ便利な方法です。音響管(定在波管)は再現性の高い試験条件を保証します。高精度な結果を保証するために、試験前にそれぞれのマイクロホンの位置で信号対雑音比(SNR)を測定することができます。材料の音響特性は、吸音率、反射率、インピーダンス、および透過損失から決定されます。

機能

  • 配向に敏感な材料の水平取り付け
  • 天井吊の測定のシミュレーションのための垂直取り付け
  • 壁掛け式
  • 垂直入射パラメータを決定する

材料試験の例

音響快適性を追求する設計者は、車室内や航空機客室内の開発工程の初期にトリムライニング、ヘッドライナー、シート、マルチパネルシステムなどの構成要素による音響的な影響を予測する必要があります。本ハードウェアと関連ソフトウェアは、車のキャビンや航空機客室などの音響キャビティ内の音場を予測するための分析計算ツールに対して入力データを提供します。これらのツールには有限要素モデリング(FEM)と境界要素法(BEM)が含まれます。